オピニオン 保育園の無料化よりも入れる保育園を増やすという本質

 

Rickey
いつも有難うございます。

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

保育園の無料化ってなんか意味あるのか?

少子化問題を国難と位置づけられて、2017年に選挙が行われましたが、本当に国難と思っているのでしょうか?少子化という響きの良い正義に騙されてはいけません。

少子化の対策のために、保育園の無料化というのがありましたが、まったく意味のないキャンペーンでしかありません。今求められているのは、無料化よりも入れる保育園を増やす事と保育士の給与を上げること。

「保育園の無料化」は響きは良いですが、本質を突いていない、ただのキャンペーンなので騙されてはいけません。特に子育て世代で無い方は!

今、子育て世代が求めること

それは唯一つ。「入れる保育園を増やして欲しい!」ということです。

入れる保育園が無いために保育園難民になっている方がいます。そして保育園に入れないためにお仕事が出来ないという方もいます。そのひとつの現われが「保育園落ちた日本死ね」ブログです。

先日、私もこの問題に直面しました!

妻が入院のために、子供を一時的に預かってもらえないかといくつかの保育園に電話したところ、どこも1歳児は空き待ち状態!「どのくらい待ちの人がいるんですか?」と聞いたところ、10名ほど!という回答。

Rickey
これじゃ、みんなすぐ諦めるよ・・・( TДT)

しかも2才児以降は繰り上げのお子さんがそのまま上がるため、さらに険しい道のり。空きが出ることはまず無いでしょうと途方に暮れました。

もし周りにサポートしてくれる人が居なかったら、私は長期の育休をもらうか、仕事を辞めていたかもしれません。周りのサポートがないお母さん、お父さんは保育園入れなかったら、まじ悲惨だと思います。それだけ保育園に入れないというのは、深刻な問題なのです。

本当にどうするのか?

子供生んでもちゃんと働けるという環境を担保してあげないと、子供を産もうという人はいなくなります。ということは国が沈没するということです。昔よりも自動化が進んで、人がいなくてもよくなりましたが、その分だけ人が居ないということは消費が鈍くなり、今の経済規模が維持できなくなってしまいます。

少子化、「人口減少は静かなる有事」と河合雅司氏は著書「未来の年表」で述べ、日本の少子化問題の深刻さが明らかになっています▼

とっても乱暴な意見ですが、東京オリンピック2020を返上して、あまった予算で保育園の対策に全額当てていただくくらいの事をしないと、本当に何も変わらないまま終わってしまうのではないかと思います。

保育園に入りたいけど、入れない現状をちょっと知って、いろいろと考えさせられました。

 

 

いろんな方法でシェアできます!

この記事を書いた人

Rickey

東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

CALENDAR

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

もう1記事いかがですか?