仙台最終レポート 仙台の市バスがちょっと古い車両で若干のレトロ感を感じる

 

恐らく、これが仙台の最終レポートになります。

 

仙台の市バスがちょっとしたレトロ感を感じさせる

 

たまたま、人を迎えに行くために、駅まで地下鉄でも行けたのですが、流れて来た市バスに飛び乗りました!

 

 

地下鉄だと、2区間なので、200円くらい。一方市バスだと100円で行けるので、断然オトクなのです!

 

仙台の市バスが平成5〜6年頃に製造されたちょっと古めのバスで、なんかレトロな感じがしました。

 

 

平成の初期は、まだ私が小学生の低学年だったのですが、その頃から地元の京王バスでは一番前に乗りたくてしかたない病でいつも一番前の左側の席に乗っていました。あの時に見たバスの匂いとか風合いが仙台の市バスにあったんです!

 

車内の様子▼

IMG_1506

 

天井とか、床面がちょっと古い感じでてます!

 

写真右上の表示版に注目!

 

「急ブレーキにご注意下さい」のフォントがクラシック▼

 

IMG_1508

 

 

マニュアル車ということで、ギアがスティックだった!

 

 

こういうタイプのバス、川崎の市バスとか、タイのバンコクからシラチャへ行くバスでも見たな〜

ギア変えやすいのかな?

 

 

ドアの開閉用のサスペンションも古い▼

※黒い部分のやつです。

IMG_1512

 

昔、京王バスで、この黒い部分が壊れてドアが開かない故障がありました。

そのバスはお客さんを乗せていたので、後方の乗降口からお客さんに乗り降りしてもらって、なんとか車庫まで行ったようです。

 

 

平成の初期ですと、もう25年前ですね。

 

 

四半世紀くらい同じバスが走っている仙台市バス。そろそろ最新型のバスを買っても良いのではないかと思いました。。。

 

 

いろんな方法でシェアできます!

この記事を書いた人

Rickey

東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

CALENDAR

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

もう1記事いかがですか?