高速道路を長時間運転する場合、どのくらいで休憩を取るべきか NHKためしてガッテン

見ててよかった〜、ためしてガッテン

 

 

これから新潟から東京へ5時間かけて帰るのですが、ちょうど昨晩のNHKのためしてガッテンのテレビで、高速道路における事故の9割が追突事故であることと、事故の50%が走り始めてから60分以内であることを放送していました。

 

 

2時間で1回休憩じゃなかった

オンエアを見て、2時間に1回くらいで休憩はいいだろう!と思っていたのですが、そうではないことがわかりました。なので、これからの帰りの運転でそうしようと思います。オンエアをお見てて本当によかったです。

 

 

 

 

 

関越自動車道の危険なポイントは?

 

 

関越については、ビギナーなので、何も言えませんが、下りを通ってみたかんじでは、谷川岳の長〜いトンネルが直線で危ないと思います。

 

 

なので、トンネルに入る前には休憩を取って置いたり、トンネル中は会話したりするのが良いと思いました。

 

 

 

 

 

それにしても谷川岳のトンネルは長いです。もしここで重大事故があったら救出は大丈夫なのかなと思います。また、リニアモーターカーが東京と名古屋に出来ますが、アルプス山脈を突っ切るリニア線は殆どが地下空間なので、山を削ったり、その環境破壊とか、事故が起きた時の救出とか、色々と懸念点があるなと考えました。

 

この谷川岳のトンネルも多くの土木技術者の苦労によって出来ていると思うと、トンネルを通るだけで感謝です。

 

 

FORUM8のドライビングシミュレーター

 

ためしてガッテンの中で、高速道路用のドライビングシミュレーターが出ていて、懐かしい気持ちになりました。というのも、学生の時にFORUM8社のUC-Win Road 3.0を使って、タイの交通事故をシミュレートした交通安全のシミュレーターを作った事があるからです。学部生の研究レベルだったので、いい仕上がりにはなりませんでしたが、FORUM8の皆さんのおかげで良い研究が出来たことを感謝しています。

 

FORUM8のドライビングシミュレーターが活かさせれて、交通安全に役立って欲しいと心から願っています。

 

 

 

 


NHKためしてガッテンのリンクはこちら▼

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20170426/index.html

この記事を書いた人

Rickey

東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。

CALENDAR

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

もう1記事いかがですか?