Kindle Unlimitedをやめて、dマガジンへ移行しました dマガジンで日本の雑誌沢山読めますよ

Application, BOOK, dマガジン, iPhone, IT

 

先日、小山龍介さんの「片付けHACKS」

 

 

※関係無いですが、小山龍介さんの奥様はタイ人なのです。素敵な方ですね。

 

の本にKindle Unlimitedが紹介されていて、思わず無料で一ヶ月利用し、追加で1ヶ月有料(月額980円)で利用してみました。

 

2ヶ月使ってみて、Kindle Unlimitedで読める本が少ないため、やめることにしました。Kindle Unlimitedの良いところは、雑誌以外にも普通の文庫本やビジネス本を読めるところでした。自分が普段手にしないような本も、Kindle Unlimitedで紹介されると、結構ダウンロードして読んでみる機会も増えて、今まで手にしなかった本との出会いもあり、新鮮でした。

 

しかしながら、読める雑誌が少ないことと、まだまだ新しい本が読めるような感じではないので、継続をやめて、ドコモが運営するdマガジンへ移行しました。

 

 

<情報収集にあたって以下のようにすることにしました>

  • 雑誌関係は幅広く情報を収集するためにdマガジンで対応
  • 読みたい本はKindleではなく実際に紙の本を購入し、朝と移動時間に毎日コツコツ読んで、読了後は可能な限り「本 読書記録」としてブログにアップする。

 

 

楽天マガジン、Kindle Unlimitedとの比較

 

dマガジンへ移行する前に、楽天マガジンも良いな〜と思いまして、以下の比較サイトを参考にしました▼

思い切って、dマガジンをポチ。月額400円です。

dマガジンの良いところ。(サイトより引用)

dまが.jpeg

ということで、ドコモユーザーでない私もアカウントを作ってみました。

契約するためには、最初にアカウントを作る必要があります。

 

 

 

その次に、iPhoneアプリのダウンロード

リンクはこちらから▼

 

アプリはこんな感じで、Dockに納めて、いつでも読めるようにします▼

IMG_1559.PNG

 

 

アプリを開くと、メインページへ▼

IMG_1560.PNG

 

 

試しに日経トレンディを選択▼

IMG_1561.PNG

「目次」「一覧」「雑誌紹介」「クリッピング」「設定」と、一般的な機能はそろっています。

Kindleの様に背景の色を変えたりすることは出来ません。

 

 

「目次」のボタンを押してみた▼

IMG_1564.PNG

 

 

コレ以外にも、Kindleで出来ていた画面もアップが出来るので、記事のスクラップも問題なく対応出来ます。佐藤優さんが書籍僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意 の中で、雑誌のスクラップをdマガジンのアプリを利用し、Evernoteへ保存してやっていると書いてあったので、真似してみました。

 

 

まとめ

 

 

dマガジンから雑誌の切り抜き等が容易にできます。

dマガジンは種類が抱負なので、雑誌についてはほぼカバーできる。そのため、本屋で雑誌を読み漁るのはもう辞めます。

紙として読むべき本を文庫本、ビジネス系、How To系に絞り、雑誌は一切買わないようにします。

 

 

以上、dマガジンについてでした★

The following two tabs change content below.
サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。 1日3回、6時、18時、21時頃にブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。 とにかく質を問わず、1日3回アップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父。 よろしくお願いします。

Rickey’s Facebook PageでFollow出来ます▼

Application, BOOK, dマガジン, iPhone, IT