物件、住宅探し! 良い物件に出会うための5つの行動と法則 

Tweet, 未分類

自分にとっての良い物件は絶対見つかる!

 

 

 

 

今日たまたま、物件について悩んでいる人に1日のうちに2人から声を掛けられて、改めて良い物件に出会うための心構えとは何なのでしょうか?運なのか?準備出来るものなのか?良い物件を引き寄せるための法則とは?

 

 

 

 

 

自分の経験からですが、良い物件にであるための5つの法則をまとめました!

その1. 情報収集に最善を尽くす

新築住宅、中古戸建、中古マンション、賃貸等、さまざまな方向性がりますが、

とりあえず、総合サイトで自分が探しているエリア、価格帯、築年数等の条件を入力し、条件に当てはまる物件が出てきたらメールでお知らせしてくれる等の機能をフル活用するべきです!

住宅情報サイトのスマイティが情報豊富。縦断的に検索できるので、同じ物件がヒットする場合もあるけれど、他社とくらべて比較的に情報量が豊富!

 

 

スマイティURL▼

http://sumaity.com

すまいてぃー.jpeg

 

 

王道ですが、SUUMO等のサイトで検索をしておくこともオススメです!

スマイティと同じ検索結果が出るかもしれませんが、沿線検索等、さまざまな角度から検索が可能です。

SUUMO URL▼

http://suumo.jp/

すうも.jpeg

とにかく、数打てば当たるではないですけれども、限られた情報よりも数多くのの物件情報に触れておき、良い物件を探し出す感性を磨いていくことが大切です。

 

 

 

 

その2.最低10件は内覧する!

real-estate-agents-1537463__480.jpg

最低10件は内覧することです!

1件目で、あっこれだ!という物件も稀にあります。

中古マンションを探されている方でそういう事例があったということをブログの記事で見たことがありますが、そういう方は稀です。

これだ!と決める前に、目を肥やすために、最低10件は内覧へ行くことを強くオススメします!

10件見ると、世界が違って見えてきます。

何故、この物件がこの値段なのか、この物件のメリット、デメリット等、不動産屋が言わなくてもなんとなく分かってきます。

10件見ろと言っておきながらなんですが、でもここの物件だ!と思うものがあれば、それで決めてしまう決断力も大事です。

 

 

その3. 客観的に誰かに見てもらう

自分自身が気に入った物件で決めたい!という、もうYES、買います!契約します!と今にも言いたいなという、その前に、冷静に判断するために、第三者にその物件を客観的に内覧してもらうということをオススメします!

第三者とは、自分以外の誰でも言いいのですが、出来れば、身近な家族とかがいいです。

できれば異性、違った視点で物件を見てくれます!

ある時の私が探していた物件で、たまたま同行した母は、その物件が実は冷えやすい構造であるということに気付き、、、、この物件は・・・ではないかとアドバイスをしてくれたことがあります。これは私がまったく気づかなかったので、第三者の視点はすごく大事だなと感じたのです。

 

 

 

 

その4. 自転車で周りを走ってみよう!

sun-741813__480.jpg

お気に入りの物件、もう契約したい!買いたいと物件に出会うと、その物件の事が気になって仕方ありません。

そんな時にオススメなのが、その物件の周りを自転車で走ってみることです!

周りを見てみて、自分のとってしっくり来る環境かどうかをチェックするのです。

これは非常に大事で、可能であれば徒歩でもいいので、朝、昼、夜と3回に別けて歩いてみるのをオススメします。

以前、探していた物件で夜に行ってみたら、物件の前で夜に高校生がたむろしていて、騒がしい物件だったということがありました。桜が目の前にあって、とってもいい物件だったのですが、夜のそういう騒がしい状況には、昼間の内覧だけでは気づけなかったのです。

大体、周りを歩いてみると、その土地と自分の愛称みたいな、フィーリングが合うか、どうかが分かります。そういう絶妙ないフィーリングこそが大事なのです!

希望するエリアの道路が広いとか、薬局があるとか、本屋があるかとか、全体的な空気感が自分に合うかが一番大事なのです。

 

 

 

 

その5. 物件に選ばれる自分になろう!

自分がその物件、土地を選ぶのではなく、自分が物件、土地に選ばれる人になろう!ということです。土地との愛称という点で、土地があなたのコトを待っている!そういうふうに思える、思って頂ける自らとなるのです。

そのためには、やはり、「ありがとう」の気持ちを持つことです。

「ありがとう」の気持ちで周っていると、いろんな点に気付くことが出来ます。

また、その土地が昔どのような土地柄、背景があったかということを調べることも重要です。水害、古戦場等、さまざまな歴史がありますから、そういう点にも心運んでいくと、見えない点でその土地と自分が繋がっていくことが出来るのです。

 

 

 

以上、良い土地、物件に出会うための5つの法則でした。


 

物件探しに関する参考書はこちら ▼

 

マイホーム全般について解説されている本です▲

 

EcoDecoという中古マンションリノベーションを受け持つリノベ会社が書いた本。同じ系統の本の中でも、一番シンプルで、よく分かる本。

 

 

いざ、ローン契約という時にどうすればいいか、その全容をつかむための本。

The following two tabs change content below.
サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。 1日3回、6時、18時、21時頃にブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。 とにかく質を問わず、1日3回アップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父。 よろしくお願いします。

Rickey’s Facebook PageでFollow出来ます▼

Tweet, 未分類