暑い夏をいかに涼しげに過ごすための5つのヒント!

2017年7月11日LIFEHACKSLIFEHACKS, Tweet

 

暑い夏を少しでも涼しげに

cat-2190290__340.png

 

暑い暑い!と言ってしまうと、余計に暑くなってしまいます。そして、「暑いですね〜」という日本語が「How are you? 」と同じくらいの挨拶言葉として使われだすくらい、今日の東京は暑くなりました。果たして3年後のオリンピックは大丈夫なのだろうか?と不安にもなります。

 

暑い夏を少しでも涼しげに過ごすための自分なりのTipsをまとめてみました。涼しげに過ごすということは、実際は涼しくないんだけれども、涼しいように感じるあるいは、振る舞うという意味なのかなと思います。フィーリング的なところもありますが、涼しげ、涼しさを演出できればいいのではないのでしょうか。

 

1.電車で座れた時、シートの背もたれにもたれない

Commute 775335 340

電車で座る時、特に折返しの駅などで、ついさっきまで人が座っていた座席に座った時に、前の人の体温でホットシート!になっていることはよくあります。冬だとぬくもりを感じでいいかもしれませんが、夏は別物です。私的には背もたれにもたれずに、ちょっと隙間を開ながら、若干前かがみ的に座ることをオススメします。お尻の部分の温かさについては、もうこれは変えられませんので、そのまま我慢するしかないです。お尻をクールに冷やすシートがあったら良いんですけどね。

 

2.風鈴を付ける

気分を涼しくすることも大事です。風鈴を付けることで、風の流れを感じ、風があるから涼しいんじゃないかという気持ちになります。先日、お土産用でこんな風鈴を買いました▼

IMG 0865rickey9 blog

 

鈴の部分に紙を付けるのがミソですね。紙のヒラヒラがあるのも大事です!

 

3.電車内で立ちながら涼しい風が来る所に立つ!

Passengers 1150043 340

またまた電車ネタですが、座るよりも立ったままの方が涼しいです!車輌の中にも風が出て来るところと出てこない所がありますので、出て来るところを探して吊革につかまって立つというのもありです!

また、地下鉄の場合は車輌と車輌のつなぎ目は風が良く通るので、車輌のつなぎ目にわざと立つのもオススメです。

 

4.GATSBYのICE TYPEボディーペーパー

GYATSBYのICE TYPEボディーペーパーは男性にとって夏は欠かせないアイテムです。ボディーペーパーでボディーを拭くものですが、ボディーペーパーを首元に付けてしばらく置いておくと、体が首から冷却されてヒンヤリして気持ちいいです。

 

Unknown 1

 

もしボディーペーパーがなければ、タオルを水で濡らして首に当てておくだけでも、効き目大です。

 

 

5.氷タイプのアイスを食べよう!

ラクトアイスよりもかき氷風の氷系のアイスを選んだほうが体温を下げるのに良いです。練乳がかかった氷のアイスとか、ファミリーマートのシャーベットも美味しいですよね。とにかく暑い時期は氷タイプを選ぶことをオススメします。

ガリガリ君だったら、いろんな味がありますが、梨の味は美味しいです!

Unknown-2.jpeg

 

以上、涼しい気持ちになるために5つほどあげてみました。

暑い日が続きます。熱中症にならないように、適宜に休み水分補給をしながらいきましょう。

ダムに水は溜まっているのでしょうか?水不足が心配です。

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。 1日3回、6時、18時、21時頃にブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。 とにかく質を問わず、1日3回アップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父。 よろしくお願いします。

Rickey’s Facebook PageでFollow出来ます▼

LIFEHACKSLIFEHACKS, Tweet