企業でシニア世代の活用、でもそれって一時的な対策。未来に希望が持てない若者。

TweetTweet

企業でシニア世代の活用、でもそれって一時的な対策。未来に希望が持てない若者。

 

Rickey(@tg677)です。

 

ホノルルからの帰りの飛行機でこのブログを書いています。というのも、ホノルル→成田間は風の影響で飛行時間は8時間50分もあるのです。成田→ホノルルは6時間くらいで着いてしまいます。この帰りのフライトをどのように過ごすかということでいつも悩みますが、昨日まったく更新できなかったブログの下書きをすることにしました。

 

機内のテレビでニュースを見れます。NHKの夜のニュース9またはBBCになります。

 

ニュースの中で企業のシニア世代の再雇用という企画があり、オンエアされていました。しかしそのオンエアの中身を見て、ちょっと違和感というか、本質的に問題が解決されないなと思ってしまったのです。

 

オンエアの中で紹介されていたある北海道の企業では定年を80歳に引き上げ、65歳で一端退職するも、その後再雇用されて、80歳まで働けるようにするということと、健康管理質で随時血圧等測定できるようにするという体制が紹介されていました。

 

Yoga 1434787 480

 

いい取り組みだな〜とも思うのですが、これは一時的には人不足対策として有効かもしれませんが、このシニア世代の方々が生涯を閉じられて、今後慢性的に人不足なったら、意味がないよな〜と。残された日本の若者は、どうすればいいのだろう?希望が持てるのであろうか?先輩方が人口が増えていくなかで培ってきたものを潔く諦めなければいけないのか。または一人何役もこなさなければいけないという過労死大国になってしまうのか。。。なんだかこういうニュースを見ると、絶望感が襲ってくる。

 

縮小する経済マーケットや人口に向き合っていった時、この経済規模を維持しようとするのは難しいし、労働力不足になったら、私は潔く規模を縮小するしかないと思います。維持しようとすれば外国からも採用することになるし、多様性がある組織はそれでやっていけるけれども、日本は島国だから精神性としては日本人で構成していきたいというものがある。そういう中で今外国人研修生へのずさんな労働とかもあるけれども、外国の人が日本人になって頂いて、国籍を取って、日本で日本人として働いてもらう時代も来るのかもしれない。

 

Chart 2779164 480

 

いずれにせよ、シニア世代の活用は素晴らしい案だと思うけれども、根本的な解決にはなってないから、もっとニュースで本質にせまるようなことをフィーチャーしてほしいなと思ってしまいました。

 

ミサイル迎撃システムに数千億使うより、保育に使って欲しいと切に願います。偉そうなことを書いてすみません。

 

以上、「企業でシニア世代の活用、でもそれって一時的な対策。未来に希望が持てない若者。」

 

 

The following two tabs change content below.
サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。 1日3回、6時、18時、21時頃にブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。 とにかく質を問わず、1日3回アップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父。 よろしくお願いします。

Rickey’s Facebook PageでFollow出来ます▼

TweetTweet