今日のヒトコト英語「First come, first served」どういう時に使えるか?

今日のヒトコト英語「First come, first served」どういう時に使えるか?

 

Sushi 2065010 340

  

いつも有難うございます。

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

 

 

 

First come, first servedってどういう意味?

 

 

久しぶりにヒトコト英語シリーズをアップします。

 

アメリカのスタッフから新しいフレーズを教えてくれました。それは、” First come, first served “

 

日本語では「先着順」「早い者勝ち」という意味です。

 

例えば、「先着順ですよ〜」「先着順にお席にご案内します」という時は、

 

You will be seated on a first-come-first-served basis.

 

という様に英語で表現することが出来ます。

 

 

 

 

ちなみに、basisは基礎、基準、制度という意味です。on a 〜 basis で「〜という基準で」という意味合いになります。

 

ちょっとした時に “ First come, first served “ 使えるようになれたらカッコイイですね。

 

この記事を書いた人

Rickey
Rickey(リッキー)
東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。
いろんな方法でシェアできます!

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

ブログの中の記事を検索