Gメールで誤送信を防ぐためにしておくべきメール設定!送信ボタンを押した後でも取り消せる方法!

Gメールで誤送信を防ぐためにしておくべきメール設定!送信ボタンを押した後でも取り消せる方法!

 

Technology 3238905 340

 

 

いつも有難うございます。

 

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

 

 

 

 

 

 

 

誤送信を絶対に避けたい

 

前にこんなことがありました。鈴木A子さんへ送るメールを鈴木B子さんにメールを送ってしまったのです。

 

日本には鈴木さん、加藤さん、斉藤さんは沢山いらっしゃいますので、どちらの鈴木さんへ送っているか確認をしないと個人情報を意図しなかった鈴木さんへお送りしてしまうこともあるのです。

 

情報漏洩で1番多いのが宛先の誤送信なので、出来ともこれは避けたいところです。

 

 

Gメールのある設定をしておけば、誤送信も取り消せる!

 

Gmail 1162901 340

 

幸い、Gメールにはメール送信後、30秒以内なら送信を取り消せるという素晴らしい機能!が存在します。

 

その設定の仕方について、備忘録として皆さんへシェアします。

 

 

「送信取り消し」の設定方法

 

Gメールの設定ボタンマークを押し、「設定」を選択▼

 

スクリーンショット 2018 05 23 17 58 47

 

設定を開き、「送信の取り消し」のところで「送信の取り消し機能を有効にする」にチェックを入れます

 

スクリーンショット 2018 05 23 17 59 26

 

取り消せる時間も選択出来ます。選択出来るのは、5秒、10秒、20秒、30秒のうちどれか。

 

間違いがあった時に対処できるために30秒にしておくことがオススメです

 

スクリーンショット 2018 05 23 17 59 47

 

以上で設定は終わりです。サクッと設定出来ますから、是非されておくことを強くオススメします!

 

 

 

 

 

 

実際に送信の取り消しをやってみた!

 

では最後に実際の送信の取り消しをやってみました。

 

テストの空メールを自分宛てに送信した後に、「メッセージを送信しました。」と表示されます。その横に→「取り消し」が表示されますので、そこを指定された時間(5〜30秒)以内にクリック

 

 

 

そうすると「送信を取り消しました」とすぐに表示されます▼

 

スクリーンショット 2018 05 23 18 00 36

 

 

これでなんとか誤送信を取り消すことが出来ます!

 

いざという時には本当に助かりますね。皆さんも是非設定はだけはしておいて損はないです!

 

 

 

以上、「Gメールで誤送信を防ぐためにしておくべきメール設定!送信ボタンを押した後でも取り消せる方法!」でした。

 

この記事を書いた人

Rickey

東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。

CALENDAR

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

もう1記事いかがですか?