トイレの便器の中にiPhoneを水没させてしまったときにすべき3つのこと!

トイレの便器の中にiPhoneを水没させてしまったときにすべき3つのこと!

 

いつも有難うございます。

 

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

 

大変お恥ずかしい話しなのですが、先日iPhoneを便器の中に水没させてしまいました。

 

思い出すのは、家なき子の「便所味のおにぎり」!

 

iPhoneの方は無事に救出し、今は普通に使えています。本当に良かった良かったなので、今は笑えるのですが、使えなかったら本当に「便所味iPhone」になっちゃって、立ち直れなかったと思います。

 

今回は「トイレの便器の中にiPhoneを水没させてしまったときにすべき3つのこと!」として、救出方法についてまとめてみました。

 

すべきことその1 ケースから取り出す 

Iphone 2618540 480

まず、便器の中に即時手を突っ込んで救出することはマスト!ですが、その後にケースからすぐに取り出します。ケースに水が付着していますので、その水が入らないようにします。

 

すべきことその2 電源を切る

迷わず電源を切りましょう!電源が付いたままだとショートしちゃうかもしれません。また電源が入ることを祈りつつ、電源を切ります。

 

するべきことその3 乾燥させる

水滴を取り、乾燥させます。とにかく内部に水が入らないようにジャックの部分や画面のつなぎ目を拭いていきます。

 

周辺にドライヤーがあれば、ドライヤーで風を送り、超乾燥させていきます。

 

ドライヤーが無い場合は、お手洗いにある手の乾燥がめっちゃ便利です。

 

IMG 6210rickey9 site

 

あらゆる角度から風を送り、乾燥せます。どこに水が残っているかわからないですからね▲

 

IMG 6212rickey9 site

 

祈る気持ちで電源ON!なんとかONなりました〜!

 

まとめ

もしお手洗いにiPhoneを落としてしまったら、焦らず冷静に、対応。そのポイントはケース外す→電源オフ→乾燥です。

 

以前、ヘッドホンを小川に落としてしまった時もこのやり方でなんとか生き返らせました。

 

それよりも落とさないようにポケットやしっかりとした場所にiPhoneを収納して用をたすということが大前提ですね。

 

 

以上、「トイレの便器の中にiPhoneを水没させてしまったときにすべき3つのこと!」でした。

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey
Rickey(リッキー)
東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。
いろんな方法でシェアできます!

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

ブログの中の記事を検索