新橋駅近くにあるタイ料理屋「0(例)のところ」がマガジンサミットのWEB記事になっていた

新橋駅近くにあるタイ料理屋「0(例)のところ」がマガジンサミットのWEB記事になっていた

 

Rickeyです。2006年からタイに御縁があり、タイ語の勉強をはじめました。けれどもタイ語は5級しか取得できていません。タイ語の5級は英検いうような4級、5級のレベルで、簡単な日常会話しか出来ないレベルです。

 

タイといえば、タイ料理。タイ料理はとても辛いです。タイに行ったら、タイ料理は美味しいのでガンガン食べてしまいますが、たいてい翌朝はお腹が痛くて、トイレに篭っていることがほとんどです。

 

私の好きなタイ料理はソムタム。ソムタムはパパイヤサラダです。パパイヤの皮と唐辛子とピーナッツとトマトなどなどを混ぜた野菜です。Rayongのフルーツパークでソムタムを作る体験は楽しかったです。

 

ソムタム。「辛くしないで!」と言わないと、辛くなる。タイでのソムタムのオーダは注意です▼

Thai food 1675554 480

 

友人が新橋でタイ料理屋

 

私の友人がいつの間にかタイ料理屋の店長になっていました。激戦区である新橋で「0(例)のところ」というタイ料理屋をはじめています。

 

一度行ったことがあるのですが、ちょっと前なのでその写真は見つかりませんでした。

 

「例のところ」はとてもユニークで、1階は鳥料理専門の立ち飲み居酒屋『AJITORI』。2階はタイ料理店『MAO-RAO』。3階は静かにお酒を楽しむBar『My Space』というコンセプトの異なる店舗が3つのレイヤーで動いている新しいコンセプトのお店だったんです!

 

私が行った時は、2FのMAO-RAOでタイ料理を頂きました。日本に何十年も住んでいるベテランのタイ人コックさんがいらっしゃるそうで、その方が一つ一つ丁寧にタイ料理を作ってくれています。

Thai curry 1736806 480

トムヤンクンを頂きましたが、日本人も受ける味ながらも、タイで食べるトムヤンクンのようなどこか本物っぽさがあるトムヤンクンでした。言葉にすると上手く説明できないので、実際に立ち寄ってみてください!

 

 

「0(例)のところ」がマガジンサミットのWEB記事に

0のところがマガジンサミットのWEB記事なっていました。

詳しくはこちらの記事をご参照下さい▼

 

例のところへのアクセス▼

 

FacebookPageもありました▼

https://www.facebook.com/reinotokoro/?fref=ts

以上、「新橋駅近くにあるタイ料理屋「0(例)のところ」がマガジンサミットのWEB記事になっていた」でした。

 

新橋を通過する機会があれば、また立ち寄りたいとおもいます!

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey
Rickey(リッキー)
東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。
いろんな方法でシェアできます!

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

ブログの中の記事を検索