大雪や台風で交通機関が乱れた時に素早く運行情報をチェックする方法!

大雪や台風で交通機関が乱れた時に素早く運行情報をチェックする方法!

 

Rickey(@tg677)です。

 

2018年1月22日は4年ぶりの10センチ以上の積雪クラスの大雪で、関東では交通機関が大きく乱れました。

 

交通機関が乱れた時に、電車が動いているかをいち早く確認して、動いていないのであれば、迂回をする判断、または早めに帰るか泊まるか等々しなければいけません。

 

ここでは、電車の運行情報を素早くチェックする方法をまとめてみたいと思います。

 

JR東日本アプリは最強のアプリだった!

個人的にオススメなのが、JR東日本アプリです。

このアプリのメリットはJR東日本の列車運行情報だけではなく、私鉄の運行情報もまとめて見れるところです。

 

アプリを立ち上げて、「列車に乗る」を選択▼

IMG 5194

 

次に「運行情報一覧」をクリック▼

IMG 5195

 

こんなエリア図見たことありません!暖かそうです▼

IMG 5196

 

最初にJR東日本の運行情報が表示されます。マイステーションに登録した南武線が優先的に表示されました▲

 

私鉄、地下鉄、東京メトロ、都営等々も同様に表示されます。ここがGood▼

IMG 5197

 

JR東日本アプリ、かなり完成度が高いです。勿論、列車の走行位置も確認出来ますので、どれだけ遅れているのかが、わかりやすくなっています。

 

JR東日本アプリへのリンク▼

 

私鉄編 京王アプリを使ってみよう

京王線の京王アプリも頑張ってます。

アプリを立ち上げ、「鉄道/バス」を選択。するとこのような画面になりますので、「列車走行位置」をクリック▼

 

IMG 5198

 

詳細な列車位置の表示。さすが!京王線は雪の日も強い!雪の日の夕方のラッシュ時もいつもと同じくらい電車を走らせていますね▼

IMG 5184

 

雪の日の夕方。遅れは15分ほどでした▼

IMG 5185

 

 

 

私鉄編 東急アプリも使ってみよう

つづきまして、東急のアプリです。東急アプリ。電車が遅延するとポップアップのアラートが通知されていました。

 

まずはアプリを立ち上げて、「列車走行位置」をクリック▼

IMG 5199

 

調べたい路線を選択。あれ?東横線と田園都市線が死んでますね・・・▼

IMG 5200

 

ここではDTをクリック。下り線はかなり感覚が空いているようでした。この影響で入場規制があったようです▼

IMG 5187

 

二子玉エリアも60分ほど遅延してました▼

IMG 5188

 

 

 

 

リアルタイムな情報ならTwitterで検索

アプリから流れてこないその場のリアルな情報のリーチするためには、Twitterが最高に便利です。

 

今日は各駅で入場規制が行われるくらい混雑しました。▼

IMG 5201

 

武蔵小杉では3メートル進むのに、45分かかったっている情報も流れました。

 

いくつか面白かったTweetをシェアしたいと思います。

 

 

 

公式な情報はアプリ経由で、その場のリアルな情報はTwitter経由からのリサーチが便利ですね!

 

以上、「大雪や台風で交通機関が乱れた時に素早く運行情報をチェックする方法!」でした。

 

 

いろんな方法でシェアできます!

この記事を書いた人

Rickey

東京出身。32歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では一児の父(まもなく二児の父)。

よろしくお願いします。

CALENDAR

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

もう1記事いかがですか?