ある程度の周りとのアドバイスくれるくらいの、ゆる〜い距離感が大事

一人で進めると、抜けがある

 

常々思っていることですが、一人で進めていると必ず抜けが出てしまいます。また考えも煮詰まってしまったり、単一的なものになってしまったりと、イノベーションがまったく起こらなくなってしまいます。

 

 

今読んでいる本の、「世界一早く結果を出す人は、なぜメールを使わないのか」の中に

 

 

 

一人で考えるよりも、みんなで考える。みんなで一斉に考える方がアイディアが生まれる、イノベーションがうまれる。そして業務も一気に終わる

 

という趣旨の事が書かれていた。

 

まったくその通りだなと思った。ほぼ一人で進めている、進めなければいけない状況のプロジェクトの場合、たいてい後の方になって、「ここはどうなってる?」「これはこうした方がよかったよね?」というような事が発生してくることが経験上多い。

 

 

時には一人で考え込んで、ぐーっと、企画書なり、進めていくことも大事だけれども、煮詰まった時には思い切って雑談をしたり、他の人に助けを求めたり、アイディアを求めたり、積極的に会話をして関わっていくことの方が、色々と抜けを少なく作っていけると思った。

 

 

 

そういう意味で、日頃のゆる〜い繋がりというものが、本当は一番大事なのかもしれないと思ったりもした。。。。

 

 

 

繋がりがこすぎると、逆に気を使ったりして、ストレスになってしまうので、ちょっとしたアドバイスがもらえるような、一緒にコーヒー飲みにいけるくらい、タバコ吸う人は一緒に喫煙所行くくらいの、人間関係を作っておくことがBESTだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey

名前:Rickey(リッキー)

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

TOEIC スコア805
タイ語5級

好きなことは

・タイ
・インテリアデザイン
・Mac製品
・鉄道(主に京王線)
・ラジオ(主にJ-WAVE)
・ライフハックス
・IT関係
・サーフィンとボディーボード
・ビジネス書読書
・アロマ
・お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

Rickey (リッキー)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします