本格的にワインを楽しむためにRIEDELの赤ワイングラス「<ヴィノム> ニューワールド・ ピノ・ノワール」を買ってみた!

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

 

Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

本格的なワイングラスで赤ワインを楽しんでみたいという欲求を止められなかった

最近、赤ワインにはまっているRickeyです。

いつかYOSHIKIが作った赤ワインも飲んでみたいな〜と思っています。

赤ワインを飲む時、その時にとっても良い雰囲気があります。

なんとも言えない、優雅で至福の時。

この一瞬を安っぽいワイングラスで楽しみたくない!

そんな思いが高まってしまい、先日新宿伊勢丹へ行った時にワイングラスを2つ買ってしましました▼

<広告>

伊勢丹新宿の5のキッチン・ダイニングの売り場で足が止まってしまった・・・

寄るつもりは無かったのですが、足が吸い寄せられるように止まってしました。

中には1個3万円以上するワイングラスがあって、驚きでした▼

こんなカラフルなワイングラスがあったら楽しいですね▼

赤ワイン、白ワイン、風味が強いか弱いか、ぶどうの種類によって使用するグラスが異なります▼

<広告>

ワイングラスを選ぶ

店員さんを呼んで、赤ワインが好きなこと、香りを楽しむことの2点を伝えて、選んでもらったのがこの3つでした▼

耐久性の強いものもあれば、弱いものもあります。

グラスを持った時の感覚、グラスをあてて乾杯した時の音、グラスを口に付けた時の口当たり

色々と確認したいですが、グラスを持って眺めて、直感で決めました!

今回買ったのはRIEDELのピノ・ノワールというグラスです▼

今、グラスを買うと、もれなくグラスを拭き上げるためのクロスも付いてきます▼

ピノ・ノワールについては、WEBサイトに以下のように記載されていました▼

アメリカ・オレゴン州のピノ・ノワール生産者たちとのワークショップで選定されたグラスです。従来の <ヴィノム> ピノ・ノワール のボウル形状をベースに、飲み口に1cm程の垂直に立ち上る煙突型のシェイプが加えられました。この飲み口が、香りにも味わいにもエレガントな優しさをもたらします。しっかりとした酸味をもちながら、赤系果実のフルーティなアロマをもつワインに適したグラスです。

<広告>

本格的なワイングラスでワインを飲んだら、異次元の感覚だった!

大きなボールの形状が、赤ワインのほのかな香りを広げてくれます。

グラスを揺らしてみると、すーっごく香りが感じられます。

この感覚はすっごいです!

今までに感じたことがない新しい感覚。

グラスのステムの部分を持った時の安定感もすっごくイイ!&高級感半端ないです▼

相方はワインが飲めないので、アサイーで▼

初乾杯!

この時のグラスとグラスの音が低めの渋い音で、安いグラスでは味わえない、なんとも言えない感覚▼

<広告>

まとめ

本格的なワイングラスを買って本当に良かったなと思います。

グラスを持った感覚、ワインを注いだ後の匂いの広がり方、口に注いだ時の滑らかさ、そして乾杯した時のグラスとグラスの音。

すべてが今までに無かった体験。

お金を出すということは、それなりのリターンがありますが、今回は期待を超える体験をさせてもらったので、大変満足しています。

自分をちょっとアップグレードできたのかなと。。。

クリスマスのお祝い、大切な人と優雅な時間を過ごしたい時、新しいワイングラスにRIEDELのグラスはオススメです!

<広告>

Rickey

それでは、良い一日を!
Have a wonderful and fruitful day!
พบกันใหม่

 
 

 

この記事を書いた人

Rickey
Rickey(リッキー)
東京出身。33歳の男。

サービス業をしています。 日本語、英語、たまにタイ語でつぶやきます。 大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事もさせて頂いています。

1日1回〜2回ブログを更新。 好きなことはタイ、インテリアデザイン、iMac、MacbookPro、 AppleWatch、鉄道(主に京王線)、ラジオ(主にJ-WAVE)、 ライフハックス、IT関係、サーフィン、ボディーボード、 ビジネス書読書、アロマ、お掃除、Wordpress、ブログ等々。

とにかく質を問わず、ブログをアップを続けながら 突き進む成長過程中のブログです。 家では2児の父。

よろしくお願いします。
いろんな方法でシェアできます!

Rickey's Blogのメルマガ登録してね

ブログには書けなかったコト、書けないコトをこっそりとメルマガでお届けします。

ブログの中の記事を検索