バックパッカー必見!羽田空港のビックカメラで見つけた夢の通訳機

夢の通訳機がついに誕生?

 

Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

先日羽田空港へ行った際に到着階のビックカメラのレジ横にて、こんな通訳機を見かけました▼

SOUCENEXTからリリースされている「POCKETALK」というアイテムで、2万5千円ほどします。思わず、レジを並んでいる時に見入ってしましました!通訳機として、こんなに本格的なアイテムは見たことがないので、今後流行りだすかもしれませんね!

POCKETALKの特徴

見た感じ、「あれ、ポケットワイフィこれ?」というくらいの大きさです。実寸の写真はありませんが、手に持ったところ、Pocket WiFiの感覚と近しいものがあります。

<SOUCENEXT WEBサイトより▲>

すげーなーと思った特徴

驚いたことに、このPOCKETALKには世界79の国と地域で使える専用グローバルSIMが搭載されていて、Wi-Fiのない場所でも使えるとのこと!

これってすっごく太っ腹な感じもいたしますね。

どんなシーンで利用するの?

旅行やビジネスで利用って書いてありますけど、正直ビジネス会議とかでは利用出来そうな雰囲気はいたしません。旅行や外国人旅行客の接客には簡単な質問のやりとり、コミュニケーションには重宝しそうな気がします。

ふと思ったのですが、これ、もし誤訳していたら、責任取ってくれるのでしょうか?誤訳によるミスコニュニケーションって、実はいろんなところで起きていますよね。メディアでもアメリカ大統領が言ったことを、ちゃんと日本語訳されないでテレビで流れているっていうこともたまにありますし・・・

もしビジネスの大事な場面で誤訳してしまい、それがきっかけで不利益を被るようなことがあったら、この通訳機はどう責任取るのでしょうか?

そもそも、大事な会議はきちんとした通訳者を入れるというのは、どんなに便利になっても変わらなさそうですね。

ちょっとシニアの方々が旅行などで使うにはすっごく役立ちそうです。レンタルもやっているみたいですし、これから流行りそうです!

個人的には、サクッとコミュニケーション出来るのもいいですが、指差し会話帳であーだこーだいいながら、ボディーランゲージでなんとかやるのも好きだったりします。

 

加川 博之 情報センター出版局 2009-10-01
売り上げランキング : 63417

by ヨメレバ

 

この記事を書いた人

Rickey

名前:Rickey(リッキー)

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

TOEIC スコア805
タイ語5級

好きなことは

・タイ
・インテリアデザイン
・Mac製品
・鉄道(主に京王線)
・ラジオ(主にJ-WAVE)
・ライフハックス
・IT関係
・サーフィンとボディーボード
・ビジネス書読書
・アロマ
・お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

Rickey (リッキー)

ブログの中の記事を検索