先日、アップルストアにて陳列されているApple Watchなどの並べ方が工夫されていました。こちらの写真をご覧下さい。

img_1031

見て頂いて分かりますでしょうか?全体的には整っていて綺麗ですね。

ステンレスの棚に、きちんと整えられたアップルウォッチのバンドが、所定の数分だけ陳列されています。

しかも、後ろまで名一杯詰めて陳列するのではなくて、あえて余白を設けて、空間を作り、そこにものがあることを認識出来るようになっています。

別のアングルから撮ってみました。

img_1032

5個くらいが陳列個数の目安なのでしょうか?しっかりと後ろには支えのプレートが置かれていますね。

私がアップルを好きなのは、こういう細かいところなのですが、以外と見え方とかにこだわっているところです。

平然普段、ファミリマートに行きますが、ファミリーマートの陳列は高く積んで、閉鎖的な感じを受けますが、サンクスは低め、セブンは中くらいという感じでしょうか?コンビニによっても陳列によって引摂がまったく異なります。

ちょっとしたことなのですが、このような工夫から、色々な事が学べますね。

普段、何気なく過ぎ去ってしまう光景も、注目して見てみるといろんな変化があって楽しいです。こういう視点でお店や街を歩いていると、色々と刺激をもらって街歩きもより楽しくなりますね。

(570文字)

この記事を書いた人

Rickey

東京在住34歳の二次の父親。サービス業をする傍ら、食レポを中心にブログ毎日更新中!
詳しいプロフィール▼
https://rickey9.site/rickey-profile/

ブログの中の記事を検索