多摩都市モノレールのホームのベンチは地産地消だった!

 

 

本日、久しぶりに多摩都市モノレールを利用しました。

 

その時に気づいたのですが、ホームのベンチが「多摩産材」を使用したベンチと書いてありました。

 

IMG_1412

 

ベンチの中心部に焼印がありますね。

どんな焼印か、、、アップ ▼

 

IMG_1413

 

「多摩産材」ってなんだ? ネットで調べてみました。

 

 

以下、引用

東京都内の多摩地域で生育し、生産された木材を一般的に「多摩産材」と呼びます。そのうち、多摩地域の適正に管理された森林から生産されたことが「多摩産材認証協議会」によって産地証明されたものが「認証材」となります。「認証材」は、森林所有者から製材業者までの流通過程が登録した事業者によって行われるため、多摩産材の産地が確実に証明されます。

http://www.forestry-office.metro.tokyo.jp/approach/tamasanzai.html

 

 

 

なので、このベンチは認証された材料ということになるのでしょうね。

 

保育園や、木製遊具等にも普及されているみたいです。

地元の木が地元で利用されることって、良いことなんですね。

木を切って、その木を伐採して利用することで、森の伐採する理由になっていく。

伐採された木は木材として売って、得た収益でまた森をメンテナンスしていく。

 

 

この多摩産材を50%以上使って家を立てると、優遇された融資も受けられるみたいです。

「多摩産材」今後、いろんな場に普及していくと良いですね。

個人的には、もっとロゴがお洒落なロゴでも良いのかな〜と思いました。

 

通勤中、注意深く見ると発見がありますね。

この記事を書いた人

Rickey

名前:Rickey(リッキー)

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

TOEIC スコア805
タイ語5級

好きなことは

・タイ
・インテリアデザイン
・Mac製品
・鉄道(主に京王線)
・ラジオ(主にJ-WAVE)
・ライフハックス
・IT関係
・サーフィンとボディーボード
・ビジネス書読書
・アロマ
・お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

Rickey (リッキー)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索