書評 高田ゲンキ署「フリーランスで行こう!」会社に頼らない新しい「働き方」

 

Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

フリーランスを目指しているわけではありませんが、フリーランスという働き方は非常に気になります。

そう思うきっかけになったのが、妻が切迫早産のため入院し、息子の世話を家でみなくてはならなくなった時に、オフィスに行かないで自宅で育児をしながら働くことが出来ないかな〜と思ったことがきっかけ。

会社や場所にしばられずに、ネットがつながっている状態であれば、MacBook Proで仕事が完結してしまうという状態になれないかな〜と考えている今日このごろです。

プロブロガーのヨスさんのブログ記事にベルリン在住の高田ゲンキさんの「フリーランスで行こう!」が紹介されていて、面白そうだったので、書店で買ってしまいました▼

高田ゲンキ インプレス 2018-08-22
売り上げランキング : 1092

by ヨメレバ

 

無名のイラストレーターだった高田ゲンキさんが会社を辞め、独立し、フリーランスとして自主営業し、仕事を獲得し、大阪に移住し、さらにはベルリンに移住し、連載をし、ブログで情報を発信をして生きている姿がカッコよく感じられる漫画の本です。

特にこの本の中で営業の失敗談などは大変ハラハラする面白い内容でした。

こうやってフリーランスの方は営業しているんだっていうのがよく分かりました。

フリーランスって、色々ネガティブなことを言う人もいますが、結局はどんな人生を歩みたいかという中での一つの選択なんですね。

この漫画を見て、改めて自分が今後どんな生き方をしたいのかということを考え直しはじめました。

もっと若い時にこの本があったら〜と思いますし、20代の人いも読んで欲しい本かも。

また、一人でやっていくためにどんなスキルが必要なのかもよく分かる本です。

かせぐ力と英語とMacがあればなんとかなりそうかも。

海外移住も含めて、ライフプラン再考なうです!

LAに住んでみたいな〜。

この記事を書いた人

Rickey

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

好きなことは

タイ
インテリアデザイン
iMac、MacbookPro、
鉄道(主に京王線)
ラジオ(主にJ-WAVE)
ライフハックス
IT関係、
サーフィン、ボディーボード、
ビジネス書読書、
アロマ
お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索