朝起きれなかった、走れなかった!けれども後悔しない。。。

 

おはようございます。本日、朝5時に目が覚めたのですが、2度寝してしまい、マラソンは出来ませんでした。でも後悔はしていません。

 

自分は「これで良かったと」思うようにしています。「そういう日だったんだ〜」と自分の体が起きてマラソンすることに反応しなかった。自分はこういうもんなんだ〜と認めるような感じで、自分がしたことをマイナスにするのではなくて、工程していく感じです。

 

英語の勉強をしていたときも、「勉強しなくては!」というモードになると、できなかった事にたいする罪悪感だけが先行してしまいますが、「こういうタイミングだと、自分は動けないんだ。自分にはあわないんだ」と認めていけば、じゃあこうしようと、この時間帯にこの活動をしようと前向きに切り替えることが出来るのではないかと思っています。

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

好きなことは

タイ
インテリアデザイン
iMac、MacbookPro、
鉄道(主に京王線)
ラジオ(主にJ-WAVE)
ライフハックス
IT関係、
サーフィン、ボディーボード、
ビジネス書読書、
アロマ
お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索