CUD (Color Universal Design)っていうのがあったんだ!

 

CUD(Color Universal Design)ってご存知でしたか?

 

街のあるところで、CUDの表記を発見したので、ちょっと調べてみました!

大学の都市デザインの授業では、Universal Designというのは聞いたことがあるのですが、CUDは初耳でした。CUDのロゴ、のど飴の形みたい。

 

 

CUDとは(CUD機構より)▼

「色」は可視光線が目から入り脳で起こる色知覚を示す言葉です。色合いや明るさ、あざやかさなどの違いによって見る人に感情を想起させたり、装飾に使われる他、情報の分類や強調、動作指示、状態を表現することができます。例えば、教科書、会議の重要資料、天気予報地図、電車案内図、避難経路図、家電製品のLEDなどをみてもたくさんの色が組み合わされて使用されています。

人間の生まれつきの色の感じ方(色覚)は、大きく5つの型(タイプ)に分けることができそれぞれの色覚型には色の感じ方に異なる特徴があります。また色覚は病気や老いによって変わることもあります。

こうした人間の色覚の多様性に配慮し、より多くの人に利用しやすい配色を行った製品や施設・建築物、環境、サービス、情報を提供するという考え方を「カラーユニバーサルデザイン(略称CUD)」と呼びます。

出典:http://www2.cudo.jp/wp/?page_id=74

 

CUD Facebook https://www.facebook.com/CUDOrg/

 

 

 

 

多摩都市モノレールの車内行き先表示にも!

 

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2013/0917.html

 

確かに、たまにCUD公認のシールが貼ってあります。4回に1回ぐらいの割合でCUDのシールがはってあるモノレールにあたることがあります。

 

今後、もっと増えていくと良いですね。CUDのディスプレイが。

 

 

 

こんなところにもCUDが!

職場のシュレッターの機械に▼

 

IMG_1613

 

何故、CUDのシールが貼ってあったのかわからなかったのですが、

恐らく、シュレッターの機械の操作ボタンの色合いについて、CUD公認ということですね。

 

 

CUDの優しさを通して、自分自身も、誰にも見やすいような資料作りや、配色を心がけたいと思いました。

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

好きなことは

タイ
インテリアデザイン
iMac、MacbookPro、
鉄道(主に京王線)
ラジオ(主にJ-WAVE)
ライフハックス
IT関係、
サーフィン、ボディーボード、
ビジネス書読書、
アロマ
お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索