夏の暑い朝の快適な過ごし方の提案

夏の暑い朝を快適に

 

おはようモーニング。Rickeyです。寝苦しい夜と暑い朝が続きます。そんな暑い時期を少しでも快適に過ごしたいと思い、試行錯誤、やってみていることをいくつか書いておきます。決してオススメではなく、自分の活等記録としてアップしています。

 

 

寝衣は早めに変える

Hand 1502242 1280

 

朝起きたら寝衣に汗が!ということはこの時期多いです。冬なら寝衣を何日も着続けるということはありますが、夏はそうもいきません。汗が付いた寝衣を着続けるのは、睡眠にとっても、新しい汗を吸引するにも良くないので、2日に1回は取り替えるのをオススメします。

 

冷房はほどほどに!

冷房をずっと一晩中付けておくのも良いかもしれませんが、そうすると、熱が発散されず代謝が悪くなるため、タイマーを付けて冷房をある程度のところで切ることがオススメです。

Feet 2308646 480

寝始めてから1時間半のノンレム睡眠の時間帯を深くすると、睡眠の質がぐっと上がりますので、最低でも1時間は冷房は付けておいた方がよいのかなと思います。

 

 

朝シャンでマラソンした後のさっぱり感を!

Shower 1027904 480

 

ちょっと蒸し暑くなった室内、それに伴う体の汗。そんな時はそのまま出かける支度をせず、朝シャワーが最高です!時間の無い方には億劫に感じるかもしれませんが、朝シャンすると体温が上がり、脳も活発な状況になって良いのです!精神科医の樺沢紫苑さんはこの方法で朝をマックスな状況へ高め、執筆を進めていると著書「神時間術」の中で述べていました。

 

 

風が通るように窓を開けよう

ただ窓を開けるだけだと、空気の流れがなく、蒸し暑いだけなので、風が流れるように風の道ができるように、窓を2箇所開けるとよいです。そうすると、なんとなくですが、部屋の空気が入れ替わって、すずしく感じられます。

 

Window 831251 480

 

 

以上、暑い夏、暑い朝の快適な過ごし方の提案でした。

 

 

この記事を書いた人

Rickey

名前:Rickey(リッキー)

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

TOEIC スコア805
タイ語5級

好きなことは

・タイ
・インテリアデザイン
・Mac製品
・鉄道(主に京王線)
・ラジオ(主にJ-WAVE)
・ライフハックス
・IT関係
・サーフィンとボディーボード
・ビジネス書読書
・アロマ
・お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

Rickey (リッキー)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします