味のあるブックカバー「ワックスペーパークロス」【オススメのアイテム】

 

Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

伊東屋で見つけた味のあるブックカバー

文具屋として、有名な伊東屋。

伊東屋はちょっといつも立ち寄る場所。

その理由は他のお店にはない新しいモノを見つけることが出来るからです。

そして、今回は府中にのISETANにある伊東屋でと味のあるブックカバーを見つけました。

今回紹介するのは、クイントデザインのワックスペーパークロスです。

ワックスペーパークロスとは?

 表面にロウを引いた紙、ワックスペーパーと布を張り合わせたオリジナルの素材です。使い込むほど表面のロウがなじみ、革のような柔らかさになります。

<商品説明より>

これは見本ですが、今までに触ったことがない柔らかさと色合い

薄茶色バージョンですが、なかなか味があります▼

裏わこんな感じ

紐で結んでおくことが出来ます▼

見本には白紙の罫線なしノートが入っていました。。。

こんなノートがあったら、なんでも書きたくなっちゃいますね。。

肌触りが非常になめらかでGoodです▼

<広告>

使用してみた感想

実際に新書版が入るサイズのワックスペーパークロスのブックカバーのダークブラウンを使用してみました。

サイズは▼

カバーサイズ H186mm ×W305mm

本のサイズ  H173mm ×105mm

他にも小さめの文庫本サイズ、大きめのA5サイズもありました。

ちょっとは手から滑りそうになりますが、、、新書サイズにはジャストフィット

手に持った感じもなめらかで、気持ちいいです!

付箋がなくても、紐やブックカバーの折り目を入れておけば付箋代わりになります。

何より、本を持った時の心地よさ、色合いの良さ、雰囲気が最高にいいです。

書店の紙のカバーなんかより気分的にすっごく上がります!

ワックスペーパークロスは紙なので、重量もまったく気になりませんから、重たさは感じません。

<広告>

Quaint Designのインフォメーション

以上、ワックスペーパークロスで作ったブックカバーの紹介でした。

ブックカバーに迷ったら伊東屋でQuiant Designのブックカバーは如何でしょうか?

 

<広告>

Rickeyがオススメするアイテム

本当に買って良かったアイテムをオススメします!

今までに本当に買って良かったと感動したアイテムを

ブログ記事にまとめました!

この感動をシェアしたくて。

オススメのアイテムしか、アップしていません!

この記事を書いた人

Rickey

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

好きなことは

タイ
インテリアデザイン
iMac、MacbookPro、
鉄道(主に京王線)
ラジオ(主にJ-WAVE)
ライフハックス
IT関係、
サーフィン、ボディーボード、
ビジネス書読書、
アロマ
お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします