Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

タイの屋台はめっちゃ美味しい!路上で食べるという新しい体験

タイの屋台はとても充実しています。

というのも、タイでは家で料理をする人はそんなに多くなく、アパートを借りたとしても、キッチンが無いアパートもあるくらいです。

それだけ、食事は外で食べるというのが当たり前の生活。

そのため、自然と屋台が充実。

路上のいたるところに屋台の出店があり、フライパンが置いてあり、調理場があり、歩道に簡易的なイスとテーブルがあり、誰でも気軽に利用できるユルさがそこにはあります。

チャオプラヤー川沿いのレストランでゆったりとした時間を過ごすのも悪くはないですが、時にはローカルの人に混じって、路上の屋台でタイ料理を味わうのも悪くないものです。

むしろ、ローカルタイ人の生活を体験出来るので、目線がローカルの人と同じになれるのが良いんです。

ただ、屋台の場合、材料の保存方法、食器の洗い方が衛生的に微妙ですので、タイに慣れていない人と一緒に屋台へ行くことはオススメできません。

その場合は一般的なレストランへ行くことが望ましいです。

【食レポ】ローカルの人しか行かない アイコンサイアムからタクシーで3分の屋台料理

今回はアイコンサイアムからタクシーで西に3分ほど行った場所にあるローカルの人に人気のある路上のタイ料理に行きました!

地図的には、だいたいこのようなロケーション、位置関係になります▼

利用シーンは月曜日の夜19時ごろ

月曜日でしたが、地元で人気のところだったらしく、少し席が空くのを待ちました。

10分ほど待って、座れました。

SCBの銀行の目の前にイスとテーブルが並べてあって、歩道で夕食という新しい体験でした▼

とにかくローカルのフードが美味しい屋台料理 特にガイヤーンがアロイアロイだった!

まずは、レオのビールで乾杯。

氷入りのビールは路上にピッタリ!

レオビールの良いところは、ビールなのにすっごく軽いところ。

何杯でも飲めちゃいます!

鳥の舌。。。すっごくカリカリしていて美味しかったです▼

ムーヤーンもアロイアロイ▼

初めてイサーン料理の王道チムチュム

その具材が来ました▼

チムチュムはタイ人の誰もが一度は食べたことがあるメニュー

土鍋にひを付けて、具材を煮こんで食べるというすき焼きのようなイメージを創造すると似ています。

野菜なんかも沢山入れて煮込んでしまいます▼

チムチュムのスープはとてもあっさりしていて非常に美味しかったです。

お米はもち米がオススメ

スティッキーでとても食べづらいですが、手で摘んで食べられるのが便利です▼

このお肉、すっごく柔らかくてプリプリしていいて美味しかった▼

ソムタムは普通のソムタム

でも辛くしないでって言わないと、、、大変なコトになるタイプのソムタムでした▼

ガイヤーンがいい感じに焦げていて、すっごく美味しかったです。

久しぶりにB級グルメでめっちゃ美味しい〜を味あわせてもらったような気がます。

 

屋台料理を食べる時に気をつけるべきコト

屋台料理を食べるにあたって気をつけるべき点はあります。

英語のメニューはまず無いところがほとんどです。

タイ語でオーダーするか、指差し会話帳に書かれてある料理を指さしながらオーダーするとうまく伝わります。

魚関係はよく火の通ったものを選ばないと、お腹を壊します。

チェンマイで屋台で魚を食べた友人が病院送りになったことがあります。 

屋台料理のメリット

メリットはなんと言っても、ローカルの人が味わう美味しいタイ料理を堪能出来ること!

路上で飲むビールは一味違った雰囲気を味あわせくれます。

普通のレストランよりコストを抑えられるのも有難いですね。 

 

 

タイ料理に関するオススメの本

この本の中に、タイ料理に関する解説が載っているのですが、タイ料理の分類が詳しくて大変参考になりました。

もともとタイにある料理と中華料理と混ざったタイ中華料理などについて詳しく書いてあります。

まとめ

以上、「【タイ旅行情報】屋台で美味しいローカル飯を食べる方法(食レポ)」でした。

タイの屋台料理を敬遠していた人も、一度は屋台料理で食べてみては如何でしょうか?

もっとディープなタイを味わせるきっかけがあるはずです。

辛いアイテムが多いので、辛さには気をつけて!

タイ旅行を
楽しむための
情報

タイ旅行を楽しむための

タイ旅行情報をまとめています。

2005年からタイに行き始めて、

通算20回以上お世話になっているタイ

タイ旅行の準備、両替、レストラン情報、

エンターテイメント情報などなど

旅に役立つ情報がココにあります!

 

Rickey

それでは、良い一日を!
Have a wonderful and fruitful day!
พบกันใหม่

 
 

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住34歳の二次の父親。サービス業をする傍ら、食レポを中心にブログ毎日更新中!
詳しいプロフィール▼
https://rickey9.site/rickey-profile/

ブログの中の記事を検索