【タイ旅行情報】托鉢をする方法 お坊さんへ供養を捧げよう!

 

Rickey
สวัสดี ครับ (サワディークラップ)

Rickey(@tg677) and Instagram (rickey9.site)です。

タイのお坊さんの托鉢とは?

托鉢とは、簡単に言うとお坊さんに食事を提供する行為です。

東南アジアの上座部仏教では現在でも毎朝、街角の至ところで托鉢が行われている光景を目にします。

出家しているお坊さんに食事、お水などの生活必需品を在家の一般人が捧げることで、お坊さんを支え、そのお坊さんを支える行為によって、自分たちが仏教の教え、仏法を聞かせて頂き幸せになれるとされています。

タイにはタンブン(タイ語で功徳を積む)があり、この托鉢もタンブン、徳を積む一つとされています。

なので、生活の中でお坊さんに食事を捧げる、お水をおあげする等々の行為は一般的なこととして捉えられています。

お坊さんが受け取った食事はお寺に持ち帰って、お寺の食事係の方がお寺内で均等に割り振りをします。

托鉢をするには、何時にどこへ行けばよい?

お坊さんは、食事の供養を受け取るために街に出てきます。

交差点の角、屋台の近くなど、人が集まるところにお坊さんは来ています。

毎朝必ずお坊さんがいる場所があるので、地元の人に聞くとよいでしょう。

Rickeyは朝6時に街に出歩きました。

托鉢をする手順と作法

 まず、お坊さんがいるエリアまで移動します▼

次に、屋台で托鉢専用の食事を20〜30バーツで購入します▼

購入した食事を持って、お坊さんがいるところへ移動します。

シートを敷いてあるお坊さんもいるので、そこへ食事を運び、正座をしながら、お坊さんの持っている袋へ食事を入れていきます▼

シートがない時は、ひざをついてお渡しします▼

食事を捧げたあと、お経を唱えてくれますので、合掌しながら聞きます▼

また、パターンによっては、お水の供養もあります。

お水をカップからカップに注ぎながら、注いでいる時にお経を唱えてくれるというバージョンもありますので、見よう見まねで、やってみるしかないです。

ポイントはゆ〜くりと水を注ぐこと!ですね

 

托鉢をするメリット

とにかく功徳が積まれますし、お坊さんのお経を聞くことが出来ます。

托鉢した日は、イライラすることもなく、どこか心穏やかに過ごすことが出来ました! 

タイの田舎や、バンコク市内で托鉢できそうな場所を見つけたら、挑戦してみてはいかがでしょうか?

これであなたもローカルタイ人!

タイ旅行を楽しむための情報をアップ

タイ旅行を楽しむためのタイ旅行情報をまとめています。

2005年からタイに行き始めて、通算20回以上お世話になっているタイ

タイ旅行の準備、両替、レストラン情報、エンターテイメント情報などなど

旅に役立つ情報がココにあります!

 

もう1記事いかがですか?最新の記事はこちらから

Rickey

それでは、良い一日を!
Have a wonderful and fruitful day!
พบกันใหม่

 
 

 

この記事を書いた人

Rickey

名前:Rickey(リッキー)

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

TOEIC スコア805
タイ語5級

好きなことは

・タイ
・インテリアデザイン
・Mac製品
・鉄道(主に京王線)
・ラジオ(主にJ-WAVE)
・ライフハックス
・IT関係
・サーフィンとボディーボード
・ビジネス書読書
・アロマ
・お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

Rickey (リッキー)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索