リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

with that said〜ってどういう時に使うの?

先日、アメリカの方とメールをやりとりしていた時に、Wordの資料の中に「With that said」が入っていました。

あれ、これどういう意味だっけ?

ということで調べてみたところ▼

そんな訳で

とか、

そうは言うものの

という意味でした。

さらにググってみたところ、いつもお世話になっているハパ英会話のブログに、With that saidは本来はWith that begin saidで、他の言い方、略的な言い方として以下のものがあります▼

That being said

Having said that 

That said

などがあるとのこと。。。

ネーティブの方はよく逆説的なコトを説明する時に「Having said that 〜」って話してますね。

日本では学校で習わなかったこの表現。

日常の英会話の中でさり気なく使えたら、ちょっとネーティブっぽくなれるかもしれません。

「そうは言ってもね〜」と言いたい時、なかなか無いですが、そんな時が来たら”Having said that ”とか ”with that said“ってさり気なく言ってみましょう。

 

過去のヒトコト英語はこちら

過去にピックアップしたヒトコト英語はこちらから

ヒトコト英語

過去記事

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中