高尾山にあるケーブルカーの勾配は日本一急勾配だった

 

へ登山する時に、さまざまなコースがあります。コースの種類は色々。標高472メートルの中腹まで行くためにケーブルカーとリフトで行くことが出来ます。ケーブルカーを使えば、ベビーカーでも、車椅子でも中腹まで行くことが出来ます。

P1200267rickey9 blog

 

 

日本一急勾配のケーブルカーとして有名な高尾山のケーブルカー。その勾配は31度18分。608%の勾配がかかっているのである。

Cable lift map

 

高尾山公式HPより▲

 

超久しぶりに切符をカチンと切ってもらいました。往復で930円、ちょっと高い。▼

P1200313rickey9 blog

 

P1200317rickey9 blog

 

出発前に運転席から鏡を確認▼

P1200318rickey9 blog

 

運転手のアナウンスが京王線の車掌のアナウンスに近い

 

ケーブルカーはワンマン運転。運転手がボタンを操作して出発する。ケーブルに引っ張られるだけなので、特にアクセル、ブレーキ等の操作はない。出発開始と急勾配に差し掛かったあたりでアナウンスが入るのだか、どこか京王線の車掌のちょっと甲高い声と似ていた。京王の子会社がこのケーブルを運行しているので、運転手は京王電鉄から出向しているのかもしれない。。。。

 

P1200320rickey9 blog

 

出発進行!ただひたすらケーブルに引っ張られました▼

 

P1200319rickey9 blog

 

ケーブルはずーっと同じ面が見えます。平行移動しているので▼

P1200324rickey9 blog

 

時間通りに分岐で交差。オンタイムです。この車輌は左側へ向かって分岐しました。この意味はこの車輌は一生左側へ分岐するタイプです。また分岐の構造が通常の鉄道の分岐と違って面白い▼

P1200326rickey9.blog.jpg

 

P1200329rickey9 blog

 

P1200331rickey9 blog

 

分岐を越えると、最大勾配のポイントへ突入です▼

P1200333rickey9 blog

 

見とれていたら、着いてしまいました。。。。(;・∀・)

中腹の駅から下を見下ろすと、ジェットコースターの様です!▼

P1200337rickey9 blog

 

 

ケーブルカー以外にも、リフトでもゆくことが出来ます。是非急勾配を体験してみたい方はケーブルカーを選んでみてはどうでしょうか?以上、高尾山の日本一急勾配のケーブルカーでした。

 

 

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中