読んでいる本なう

  51luMtnEdEL SX306 BO1 204 203 200

Rickeyです。前から欲しかった河合雅司が書いた「未来の年表 〜人口減少日本でこれから起きること〜」の本。いろんな書店に立ち寄っては、見つからず、やっとたまたま大塚の駅前で立ち寄った書店で見つかった「未来の年表」。Amazonでもベストセラーに入っていたし、J-WAVEのJAM THE WORLDのラジオ番組でも紹介されていたので、結構売れているものと思われる。  

 

未来に危機感をめっちゃ感じる本

人口減少系の本はいくつか読んだことがあるけれども、これほどまでにリアルにデータをしっかり分析して論じている本はないと思う。今、読んでいる途中だけれども、読み続けていくごとに、心が重たくなるものを感じる。それだけ人口減少が抱えるコアな問題について、しっかりと触れられている証なのかもしれない。   第一部が「人口減少カレンダー(今読んでいるところ)」で、第二部が「日本を救う10の処方箋」と構成されている。

 

はじめに現実こうなっていくよというところを示しておいて、その後に解決策を述べている形となっている。     はじめに」の序章で驚かされたのが、一定の条件のもとに、このまま人口減少が進んだとすると、日本人の人口が西暦3000年には2000人まで減ってしまうという計算が出ていること。日本人自体が「絶滅危惧種」として登録されているような存在になりかねないと筆者は警戒している。これは国家が滅びるコトと等しく、日本の土地が完全に他の国の人たちに使われてしまうような状況に西暦3000年はなっているのだろうと容易に想像出来る。    

 

この本を読んでいて、自分と同じ若い人たちにも読んでもらいたいなと思っている。ここに未来を開いていくためのヒントが隠されているから!日本を良くする、世界を良くするために、人口のデータ的なことも分析して、傾向を掴み、一人一人が幸せになっていくために、社会を一度作り変えなければいけないから。 そのために、この本にかかれているデータは有益だと思う。    

 

この本の読書記録は後日アップします   

 

   

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中