Apple Watchを付けてサーフィン

 

Apple Watch Series2 はSeries1と違って、Apple Payが使えることと防水であることが大きな違いです。

 

今回、湯河原の吉浜でApple Watchを付けながら、サーフィン(ボディーボード)をしてみました。

 

 

まずは、ウォークアウトのアプリを起動▼

IMG_0662

 

ウォークアウトの中から、

「オープンウォータースイミング」を選択▼

IMG_0661

 

ここまで選択して、後は、カロリー、時間、メートル、フリーのどれかを選択して、スタート。

例えば、30分サーフィンしたければ、時間を選択して、30分と設定すると、30分後にアラームがなります。便利!

 

実際に使ってみたら、こんな記録でます!

IMG_0659

 

すごい、1500メートルも水の中を移動していることが判明!

トータルカロリーは244カロリー!

 

 

ルートも出ます!▼

IMG_0660

 

ちょうど「クロンボ」の駐車場を出たあたりでONにしたので、そこから記録されています。

一度、砂浜に戻って、再度入ったのもきちっと記録されていました。

これはとっても便利ですね。自分で無意識のうちにどのあたりで波をゲットしているか、どのあたりにポジショニングする傾向があるのか、客観的にわかります。

赤の所が、速度が早かったところなので、赤いライン上は波をゲットしているところと言えます。

 

アップルウォッチでサーフィン、かなりいろんなデータが取れるので、これから継続して使っていきたいと思います。また別のポイントで使ってみて、アップします。

 

 

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住34歳の二次の父親。サービス業をする傍ら、食レポを中心にブログ毎日更新中!
詳しいプロフィール▼
https://rickey9.site/rickey-profile/

ブログの中の記事を検索