TwitterからRSS記事を生成するPublicateが超便利!

Twitterの検索結果をRSSに出来るのか?

ライフハッカーの記事にこんな記事がありました!

lifehackerhp.jpeg

出所:https://www.lifehacker.jp/2017/05/170527_publicate.html

便利そうだったので、早速実行して試してみました!

 

まずはURLを叩いてみる。。。

URL.jpeg

 

「Paste a Twitter List, Hashtag or Search URL here」と書いてあるので、とりあえず、京王線に関するTwitterのURLをペーストしてみた。。。

https://twitter.com/search?q=京王線&src=typd

京王線.jpeg

RSSのURLがGenerateされた!

そしたら、RSSのURLが生成された▼

generated.jpeg

右側のコピーを押して、Feedlyへペーストしてみた▼

※Mac用アプリのFeedlyで表示

feedly.jpeg

Sourceに先程コピーしたURLをペースト▲

 

あれ?All caught up???読み込む記事がありません。。。。時間が経てば出るのかも。過去に遡っては表示されないのかも。。。

all caught up.jpeg

 

自分のTwitterをRSS化してみた

そこで、自分のTwitterのURLをペーストしてみて、RSS化してみたら、最終的にこんな感じでFEEDLYに表示された▼

tg677 rss.jpeg

何も無い時はTwitterの顔画面が表示。ブログの時はブログの中のアイキャッチ画像が出てきます。

 

記事を開くと、こんな感じに表示されます▼

rss article.jpeg

設定の問題でしょうか?残念ながら記事の中身が表示されず、リンクのみの表示となってしまいます。。。

でも、特定のTwitterやTwitterの検索情報を適宜まとまった情報としRSSとして情報を入手したりストックしたりするのには大変便利なサイトではないでしょうか。是非使ってみては如何でしょうか。

 

publicateのサイトはこちらから▼

https://publicate.it

 


 

ITに関する過去記事▼

情報収集はやっぱりFeedlyがオススメ RSS情報収集術

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住。

33歳の二次の父親。

サービス業をする傍ら、ライフハック情報や食レポを中心にアップ。

大学からコツコツと独学で英語を学び続け、 現在は国際関係のお仕事。

好きなことは

タイ
インテリアデザイン
iMac、MacbookPro、
鉄道(主に京王線)
ラジオ(主にJ-WAVE)
ライフハックス
IT関係、
サーフィン、ボディーボード、
ビジネス書読書、
アロマ
お掃除

あなたの悩みを少しでも解決出来るブログ記事を用意しています!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログの中の記事を検索