リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

2020年3月29日から羽田発のホノルル行きが復活!

以前、仕事でホノルルへ年に4回行くことがありまして、ホノルル行きのフライトにはよくお世話になりました。2017年4月までJL80便、JL89便というフライトが羽田⇔ホノルル間の往復に充当されていたのですが、羽田⇔ニューヨーク線の進出によって、アメリカ行きの枠がニューヨーク行きに変更されてしまい、羽田からのハワイ行きがなくなってしまいました。

 

それからは、しばらくの間成田から出発するホノルル行きに搭乗。なんと、成田から出発するホノルル行きは1日に4便もあるのです!外国のキャリアー(ハワイアン航空など)は1日に2便飛んでいれば良いほうですが、JALはハワイ線への力の入れ方が違います。

 

かつては、ジャンボジェット機として活躍していたボーイング747型機がすべてのホノルル行きに充当されていたこともありますから、1便で最大500人(シートのアレンジメントによって変わる)だとしても、2000人ほどの乗客を運べるキャパがあったのでした。

 

 

今でもその威厳を保ったまま、JALがハワイを制覇していますが、ANAが2019年5月からハワイ線にエアバス380を就航させ、対抗しようとしています。エアバスの座席数もマックスで500人くらい設定できますので、ジャンボジェット以上のキャパ。個人的にはイミグレーションが混むから、同じタイミングで着陸したくないな〜と思うような存在です。

 

JALを利用してホノルルへ行く場合、すべてのフライトが成田発でしたので、成田空港まで移動してと移動が大変でした。羽田に行くよりプラス1時間ですから、そのロスは非常に大きかったです。だが、今回の発表を聞いて、嬉しさを表した方も非常に多いのではないでしょうか?

 

 

JALの羽田発ホノルル行き復活でフライトはこうなる!

2020年3月29日以降のフライトは以下のようになります。

往路便 日本→ハワイ

JL786便 19:45 成田発→8:05 ホノルル着

JL784便 20:40 成田発→9:00 ホノルル着

JL074便 21:00 羽田発→9:20 ホノルル着

JL072便 21:55 羽田発→10:15 ホノルル着

※赤字が羽田発のフライト

Rickey

往路便については、昔はJL80便が23:45発があったので、かなり羽田にゆったりと過ごせたのですが、今回のダイヤ改正で21:55発が最終というのはちょっと残念。だけど羽田便があるだけ感謝ですね。

国内の乗り継ぎを考えると、夕方に国内の空港を出発する便で18:30には羽田に着き、乗り継ぎでチェックインという需要を取り込めそうですね。

人気のフライトは恐らく、JL072便でしょう!ちなみに、JL074便と072便はボーイング787−9型なので新しい機材にります。エコノミーでも 787-9型の方が若干ピッチが広く、快適でした。

逆に成田出発のフライトに余裕がうまれるので、そこを狙っていくというのもありです。

復路便 ハワイ→日本

JL073便 12:05 ホノルル発→15:50+1  羽田着

JL785便 12:35 ホノルル発→16:20+1 成田着

JL783便 13:25 ホノルル発→17:10+1 成田着

JL071便 15:45 ホノルル発→19:30+1 羽田着

※赤字が羽田着のフライト

Rickey

ちょっと残念なのが、13時台に成田に着くフライトがなくなってしまったこと。早く日本に帰って、仕事をしたり、プライベートで用事がある人にとっては、9時台にホノルルを出発するフライトが重宝していたのがなくなってしまいました。

一番早く日本に着くフライトも12:05発になり、ホノルルの朝にかなり余裕が出てきますね。

12:05発に合わせるなら、ホテルを9:00に出発すれば十分に間に合う時間。ゆったりと朝食をして帰国の途につくことができる、ゆとりのあるダイヤ設定です。

間の2便が成田行き。このスケジュールでしたら成田からの国内線の乗り継ぎも可。

JL071便だったら午前中にゴルフや会議をして、13:30頃までに空港を目指すというパターンになりそう。ハワイで最後の一時をもゆったりとしたい方にオススメの便と言えそうです。

ただ、JL071便だと羽田着が19:30なので、羽田からの国内線乗り継ぎがギリギリもしくはフライト無し。首都圏の方にとってはまあほどよく便利なフライトですね。

ハワイ線はときたま遅延がありますので、国内の乗り継ぎを考慮して、最適なフライトを選択する必要があります。

選ぶべきフライトはコレ!

往路 日本→ハワイ

ニーズ フライト メリット デメリット
ホノルルへ早く着きたい JL786便 朝着いて、すぐショッピングか海へ! 機内で眠れないかも!
羽田でゆったりしたい JL782便 出発まで余裕がある。機内で眠りやすい。 混んでるかも!
家族でゆったりハワイ旅行 JL784便 シートがエコノミーでも広い! ちょっと混んでるかも!

復路 ハワイ→日本

ニーズ フライト メリット デメリット
日本へ早く着きたい JL073便 羽田着なので、国内線乗り継ぎが便利!エコノミーでもシート広い! 免税店に立ち寄る時間が少ないかも
ハワイでゆったりしたい JL071便 出発まで余裕がある。午前中にアクティブティOK ちょっと混んでるかも!
家族でゆったりハワイ旅行 JL783便

シートがエコノミーでも広い!

朝食を取って、空港へ移動出来る!

ちょっと混んでるかも!




Rickeyだったら、このフライトで行きたい!

私がもしプライベートでハワイへ行くことを許されるのであれば、羽田発の最終便であるJL072便21:55発でハワイへ。羽田でゆっくりして、出発の前の一時を楽しみたいという欲望があります。

 

帰りはJL071 便15:45発で羽田へ。午前中にアラモアナのボールズでサーフィンやボディーボードを楽しんで、12時にチェックアウト→13時空膠着で、ゆったりと出発前の時間を過ごす。

 

ポイントはゆったりとした、せかせかしない移動!空港で3時間以上ま〜ったりすることが、好きなのでJL072便とJL071 便を選んでしまいます。この便は恐らく人気のフライトなので、混雑することは覚悟。

 

でも、ハワイへ行くのに羽田線が出たのは、本当に便利で嬉しいですね〜。

 

他の国際線も増便となっております。詳細はこちらからチェック。シカゴ行きなども出ているみたいです▼

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中