リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

想像力がない人が決断をするとこうなる!

 

突然決まった小中高学校の休校措置。とある平日のランチ時間帯に中央線の新宿、吉祥寺、立川、八王子などのターミナル駅のコンコースには、普段見かけないはずの中学生や高校生の男女が楽しそうに会話をしながらお出かけする様子。

 

突然決まったお休みに家に籠もっていなさいと言われても、不要不急の外出は控えて下さいと言われても強制力はまったくなく、家でじーっとせず、友達と駅ビル、近くのショッピングモールなどに出かけて街へくりだすしかなかった。

 

彼らにしてみれば、当然の選択だと思う。行く場所がなく、することもなく、だからと言って、学校からメールで課題を提出するようにとか言われているわけでもなく、「自由」を手に入れてしまったのではないだろうか?そして、日本の教育はリモートでも出来るように、教育のインフラをアップデートするべきだと強く思う。相当諸外国より遅れをとってしまっているのではないだろうか?

 

そもそも、政府がいきなり学校を「休校」にしたとしても、学生が家でじーっとしていることが出来ないことぐらい、容易に想像出来なかったのだろうか?一般的な感覚を持っていたら、すぐにそんなことは想像できる。けれども、想像力がないから、こんな決断をしてしまったのではないかと思ってしまう。

 

学校を休校にして、どのように外出を抑制して、クラスターを作らないようにする。手洗いをよくしてもらい、感染を防いでもらう。そうしていきたかったのに、どうも様子はそのようになっていかないのではないか?というのが、たまたま街を歩いていて覚えた感覚である。

 

 




想像したくないけど、こんな悪いシナリオもあるかな???

 

街を楽しそうに歩く中高生を見て、ふとこんな悪いシナリオを考えてしまった・・・・あんまり人には言いたくないのだけれども、ブログでちょっと吐き出させてください。。。

 

平日のモールや駅ビル、カフェ、飲食店、デパ地下などの各スポットって11時を過ぎると一気にシニア世代の方々が現れて、すごくゆっくりとしたスピードで歩いていたり、お茶していたり、カフェでもコーヒー飲んでいたりして、楽しそう。

 

でもそこに小中高生のクラスターが近くに居て、万が一、一人でも感染している人が媒介となって、シニア世代の方に新型コロナウイルスを感染させてしまう。小中高生がウイルスの媒介約となってしまい、シニア世代の方々の感染が拡大。

 

休校さえしなければ、感染は広がらなかったかもしれないのに、休校してしまったために、街に小中高生が溢れ、たまたま接触してしまったシニア世代が感染してしまうというケース。

 

ほぼ無いケースと思われますが、もしかしたらこんなこともあるかもしれないと思い、共有させてもらいました。

 

もし、このようなことがあったら、政府はどのように責任を取るのでしょうか?「子供がしてしまったことだから仕方ない」として、感染の拡大の原因を国民に責任転換してしまうのではないのか?

 

街にあふれ出て、楽しそうに友達とはしゃいでいる中高生を見ながら、そんなことを考えてみたのでありました・・・

 

まじ、大丈夫かな?日本。。。

 

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中