リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

Appleの偽領収書が届いた!

 

新しいタイプの偽請求書がAppleから届いたのでシェアさせて頂きます。今回届いたのはこちらのメール▼

 

 

一見、普通の請求書メールのように見えますが、変な点が沢山。

 

 




偽請求書の変なポイントはコレ!

 

切れの悪い金額!

 

謎の小数点以下の2桁がある金額20%の付加価値税が入っています。5389.67円という微妙な金額だったので、すぐに見破れました▼

 

 

変な住所の記載

 

メールの下の方に、発行元の住所の記載がありますが、そこがわけのわからない住所が記載されているのです。

 

今回はアイルランドの工業団地という住所がメールに記載されていました▼

 

 

請求書の日付が変な時間帯じゃないか?

 

請求書の日付も要チェック。自分が使っていないような時間帯に請求されていないか、確認する必要があります。

 

今回は利用しないような真夜中の午前2時に請求書が発行されていました▼

 

 

メール送信元が別会社?

 

偽請求書の場合、たいてい送信元が変なアドレスです。今回はグーグルのアドレスでした〜。グーグルのアドレスと言っても、@以下は「google.com」という見慣れないアドレス

 

 

 

 

まとめ

 

ツッコミどころ満載で、今回も無事に引っかかりませんでした。

 

小数点以下2桁の請求金額があったのは初めて。しかも20%の付加価値税というのがありえないですね。

 

外国で作ったとしか思えないような偽領収書メール。

 

ほとんどの人が引っかからないと思いますが、こういう事例もあるんだということで、情報シェアさせて頂きます!

 

少しでも被害者が出ませんように。

 

 

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中