リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

十日町の親戚の家でバーベキュー

2泊3日で親戚が住んでいる新潟県の十日町へ行ってきました。十日町までは高速道路を使って3時間半で到着しちゃいます。

13:30に東京を出発して、十日町に着いたのが17:00。途中、赤城高原サービスエリアにて30分の休憩をしましたので、実質3時間しかかかりません。

十日町は日本でも有数の豪雪地帯。ということもあって、1Fがガレージや倉庫になっていて、2F以上の建物に住んでいる家がほとんど。

親戚に家も、3F建てで、1Fはガレージと駐車場。2F、3Fが居住エリア。2Fのベランダがバーベキューが出来るようなエリアがある構造になっています。

写真を撮るのを忘れましたが、1Fのガレージには、雪かきの重機やら、シャベル、スノーボードの板、工具類全般、ヘルメットなどなんでもあって、所ジョージの倉庫みたいでした。

普通の一軒家に住むより、豪雪地帯の一軒家の方が、家が広くて、1Fにモノが沢山収納出来て、居住空間としては、適しているのかもしれません。

今回は、そんな基地のような親戚の家で、鮎を焼き、ベランダでバーベキューをさせて頂き、都会のごちゃごちゃした生活から離れて、リトリートしてきました!

 

 

天然の「鮎」を2時間以上かけてじっくり焼くという楽しさ

なんと!今回頂いたのは「天然の鮎」 養食の鮎はスーパーなどでよく見かけますが、天然は珍しいアイテム。

竹櫛ご用意くださって、そこに鮎を刺して、じっくりことこと、面を裏返しにしたりしながら、2時間かけて焼き上げていきます▼

自宅の1Fの庭で焼けるっていうのが、新潟ならではの自宅の広さの魅力。早く焼けないかなと待ち遠しくなりましたが、我慢しながら耐えます。

気づけば、すでに20時。2Fのベランでもで並行して行われたバーベキューが一段落して、1Fで「鮎」をひたすら、まったりと待ちます。この時間は東京では味わえない、火を見ながらぼーっとする有益な時間となりました。

「鮎」が焼けたところで、エラを取って、塩を落とし、お口の中へ。2時間じっくりかけて焼いてくださった「鮎」天然なので絶品でした!

この美味しさはコトバでは表現できません!

 

 

火をぼーっと眺めていたら、人間本来が持っている火に癒やされるエネルギーを受けまくった!

バーベキューも終わり、鮎も食べ尽くし・・・あとはお酒を飲みながらぼーっとする時間。こういう時間は東京にると作れない時間なので、非常に有益です。

子供も寝てくれたので、火を見ながらぼーっとします。そして、会話が弾むからイイんですねこれが!

山の神、水の神、火の神、地の神、空の神とさまざまな神が存在しますが、火の神との親和性は私はどうなのでしょうか?

そんなに火の神と仲良く出来ている方ではないと思うのですが、今回ばかりは火の神の癒やしと存在を感じざる終えません。

火にはすっごく良いチカラが宿っていますね。人間本来が持っている、火を見たら癒やされていくDNAなのでしょうか、すっごく火を見ていて、自分の人間として、過去生がどれだけ火にお世話になったのか・・・原点なものを感じました。

あなたは火に何を感じますか?

Rickey(リッキー)

もう1記事いかがですか?

最新のブログ記事はこちらから

 




リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中