読み始めた本 「日本人の信仰」島田裕巳

 

Rickeyです。先日羽田空港の山下書店でホリエモンの多動力を買ったついでに「日本人の信仰」という本が目に止まり、買ってしまいました。。。。

 

51lFkWqelcL SL500

 

世界から見て、日本人は無宗教なのか?

日本人は信仰しているくせに、「私は無宗教です」と言う人が多い。けれども、40代、50代になってくると、信仰をしているという回答がグッと増える。特に男性が50代になると信仰が始まるということが書かれています。

 

島田裕巳の「宗教消滅」という本が今年の春に出版され、その本の中に書かれていることと若干かぶる内容が掲載。具体的には、ヨーロッパにおける宗教離れの統計的情報、そして、イスラム教の拡大。メッカに巡礼出来ない人が全体の半分くらい。ということもこの本の中で触れられていました。

 

第六章まであるうちの、まだ第二章を読んでいるところなので、読了したら毎度のごとく読書記録をアップする予定です。第五章の神社に関する信仰のところがちょっとおもしろそうです。

 

著者にRetweetされる時代

読書メーターにこの本を登録すると、すぐにFacebook,Twitterへその記録がアップされます。要はツイートされたのですが、そのツイートを見て、著者の島田裕巳さんが私のツイートをRetweetしてくれました。恐らく、検索のフィルターをかけているのでしょう。Twitterで著者とInteractiveに交流?できる時代で便利だな〜と思いました。

 

 

 

 

そう言えば、@メイロマさんの本を買ったときも、Retweetされることがありました。拡散のために流行ってるんですかね〜。

 

以上、「読み始めた本 「日本人の信仰」島田裕巳」でした。

本へのリンク▼

 

統計データもしっかり入って、説得力のある本です。

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中