本読書記録「アベノミクスによろしく」著者:明石順平

 

Rickey(@tg677)です。

 

「アベノミクスによろしく」を読み終わりました。

 

「ブラックジャックによろしく」にかけたタイトルで、漫画チックな導入から始まる企画はとても新鮮でした。

 

私のような経済の初心者でも分かりやすいように会話形式で記述されており、経済用語についての説明も平易な言葉を使ってくれているので、分かりやすい本です。

 

この本は多くの日本人が読むべきと思います。アベノミクスがうまくいっているらしいというものを、本当はうまく行っていない。データを改ざんしているという事実を明らかにしてくれています。

 

野党はアベノミクスが失敗に終わっていることをこの本の様に国民にわかりやすく説明し、政権を取って欲しいです。

 

「アベノミクスによろしく」からわかったこと 

アベノミクスは成功していない。名前だけ。

 

経済停滞をごまかすため、異常なGDP改定が行われた。

 

株価は日銀とGPIFで釣り上げられているだけで、実態を表していない。

 

アベノミクスの第三の矢の残業代ゼロ法案は長時間労働をさらに助長する。

 

以上、「本読書記録「アベノミクスによろしく」著者:明石順平」でした。

 

 

この記事を書いた人

Rickey

東京在住34歳の二次の父親。サービス業をする傍ら、食レポを中心にブログ毎日更新中!
詳しいプロフィール▼
https://rickey9.site/rickey-profile/

ブログの中の記事を検索