ポッドキャストを限定公開する3つの方法【リスナーに秘密の音声配信!】

    

リッキー

こんにちは。ブロガーのリッキー(@rickey_blog)です。ブログとポッドキャストで誰でもデキるライフハック情報を毎日配信しています🎙


音声配信はしたいけれども、特定のリスナーだけに公開したい。そんな悩みを抱えている人はいませんか❓


この記事で紹介する3つの方法を選択すれば、無料で特定のリスナーに限定配信できます☝️


音声配信を限定公開したい方は、この記事を最後までチェック✅してみてください〜。きっとあなたにピッタリの方法が見つかりますよ👍

   

  •  このブログを書いているリッキーのプロフ
  •  ポッドキャストのプライベート配信している人
  •  音声配信のテック情報を無料メルマガでシェアしている人
  •  ポッドキャストでライフハック情報を毎日配信しているDJ🎙

   

  •  もくじ

ポッドキャストを限定公開する3つの方法【特定のリスナーにこっそり音声配信!】

ポッドキャストを限定公開する3つの方法があります。

しかも全部無料でオッケー👌

所属しているグループ、組織、リスナーやファンに向けてあなたの特別な音声を届けましょう〜

ポッドキャスト版(音声版)はこちら

アイロンをかけながら、ドライブをしながら聴きたい方はこちらから👇

Soundcloudでプライベートホスティング

Soundcloudを使って、無料で音声ファイルを限定公開できます。

公開までのプロセスはこちら👇

  •  アカウント作成
  •  確認メールで認証 ※認証しないとファイルアップできない💦
  •  音声ファイルをアップロード
  •  PrivacyでPrivateを選択
  •  限定公開用URLをコピー

Uploadの画面に移り、ファイルを選択してアップします。

その時に、PrivacyでPrivateを選択するだけ👇

音声データアップ後の概要入力のセクションでも、選択できます👇

アップ後にURLが表示されるので、ここをコピペして、届けたい人にリンクを送れば完了✅

限定公開用のURLをクリックすると、このように表示されます👇

※スマホの場合は、アプリで再生しますか❓というボタンが表示されます。

Soundcloudの無料版でアップできる容量は?

Soundcloudの無料版でアップできるのは合計3時間分の音声ファイルです。

3時間以上のファイルをアップする場合は月額12$のPro Unlimited版へアップグレード。

   

リッキー

無料版で使い倒す場合は、古いファイルを削除しながら使うという方法もありですね☝️

SoundcloudからApple Podcastへホスティング

Soundcloudで生成したRSSフィードをApple Podcastへ登録することができます。

Soundcloudに音声データをアップすることで、自動的にApple Podcastへ配信できるのです。

詳細な設定方法は、こちらの記事をご覧ください👇




stand.fmで限定公開

独立系音声配信プラットフォームのstand.fmには、アップした音声を限定公開する機能があります。

限定公開するまでのプロセスはこちら👇

  •  stand.fmのアプリをダウンロード
  •  アカウント作成
  •  音声を収録 or ファイルをアップ
  •  概要を入力し、投稿前の画面へ進む
  •  限定公開を選択
  •  限定公開URLをコピー

    

デフォルトのままだと全体に公開されてしまうので、「全体に公開」のところをクリックして、「URL限定公開」を選択👇

「投稿」ボタンを押して、公開されたら「シェアする」をクリック👇

シェアで「URL」をクリックし、限定公開用のURLをコピー👇

スマホにURLがコピーされるので、メモなどに貼り付けて、メールなどでリスナーに送れば完了です✅

  

リッキー

URLが拡散されたくない場合は、リスナーさんに「シェア厳禁です‼️」ときちっと伝えておきましょう〜




stand.fmの限定公開はブラウザかアプリで再生

限定公開URLをクリックすると、以下のようなページに飛びます👇

ブラウザー上で聴くこともできますし、「無料アプリでバックグラウンド再生」をクリックすると、アプリ上で聴けるようになります。

ただ、この方法でシェアすると、アカウントから一般公開している他のエピソードも見れるようになってしまいます。

 

リッキー

一般公開用と限定公開用をごちゃまぜにしたくない場合は、アカウントをそれぞれ作って配信しましょう🎤

stand.fmの使い方はこちらにまとめてます。参考までにどうぞ👇




Googleドライブで音声データをシェアする

オーソドックスなやり方ですが、Google Driveでデータを共有するのもありです。

具体的には、共有用のフォルダーを作って、音声ファイルをデータでアップ。

フォルダーの共有リンクをシェアするだけで完了✅

フォルダー毎シェアしても良いし、個別のデータ毎にシェアもできます。

共有リンクを作成する時に注意すること!

Googleドライブにファイルをアップし、右クリックで「リンクを取得」をクリック👇

「リンクを知っている全員」に閲覧権限を付与すればオッケー👌

リンクをコピーして、メールなどでシェアすれば特定のリスナーにあなたの声を届けることができます。

  

Googleドライブで共有するデメリット

共有リンクをもらったリスナーが音声ファイルを聴きにくいというデメリットがあります。

リンクをクリックしても、ブラウザー上で再生できないことが多いです。

たとえば、こんなページがでることも👇

なので、リスナーさんはデータを各端末にダウンロードしてもらう必要があります。

これがとても手間なので、Googleドライブ経由で共有する方法はオススメできません💦




まとめ

ポッドキャストを限定公開する方法についてまとめます👇

  •  Soundcloudは無料だけど、容量制限あり。
  •  stand.fmはアプリ再生ができて、共有もラク
  •  Google ドライブはファイル整理しやすいけど、聴きづらい

ポッドキャストの限定公開はこんなシーンで使える!

  •  クローズなコミュニティーでのポッドキャスト
  •  音声配信、メルマガなどのプレミアムコンテンツ
  •  特定の人へのスペシャルメッセージ(お祝いなど)

  

リッキー

安全な場所に保存しておきたいのであれば、ちょっと不便だけどGoogleドライブ。でも聴きやすさで選べば、やっぱりstand.fmですかね〜

あなたのニーズに応じて使い分けてみてください〜

音声配信に関するテック情報を無料メルマガで配信しています👇

  

【関連記事】

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

Rickey

声で便利を届けるライフハックDJ
『毎朝1つライフハック情報が届くラジオ』17プラットフォームへ配信⚡️ApplePodcastテクノロジー23位⤴️音声配信の最新情報を毎日ツイート💬1年でマイク5本購入🎤テック情報をメルマガで発信📩現在登録56名。フォローすると音声マルチ配信・編集・機材に詳しい人になる💡