リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

Google AdSenseをしているのですが、「ads.txt」というファイルをサーバーにアップするようにというアラートが出たため、ロリポップのレンタルサーバーにアップして対応しました。

その対応の記録を備忘録としてまとめておきます。ロリポップのレンタルサーバーを使用している方の参考になれば幸いです。

こんな警告が出ます!

Google AdSenseにログインしたある日。こんな警告が表示されました▼

ads.txtファイルをサーバーにアップすることで、収益がしっかりと自分のところに来るようにするための対策の1つです。

ヘルプを押すと、このリンクに導かれます▼

でも、何をどうすればよいのかわからないので、、、ググりながらやってみるとすぐに終わりましたので、その対応記録を残します!

アカウント情報の確認

まず、アカウント情報の確認をします。

アカウント情報はログインして、「アカウント」をクリック。そうすると、以下のような情報が表示されます。

ここで、サイト運営者IDの番号のpub-XXXXXXXXXXXのXのところをチェック!

IDの確認はGoogle AdSenseから送られてくるメールにも記載されております▼

 

adv.txtファイルの作成方法

Windowsでしたら「メモ帳」で、Macでしたら「CotEditor」での作成がオススメ。

CotEditorのアプリへのリンク

CotEditorまたはメモ帳を開いて、以下のように明記します▼

google.com, pub-XXXXXXXXXXXXXXXX, DIRECT, f08c47fec0942fa0

Xの16桁の数値をここで入力します。

デスクトップなどに、「adv.txt」というファイル名で保存します。

 

ロリポップのレンタルサーバーに「ads.txt 」ファイルをアップロード

まず、ロリポップのアカウントにログインします▼

「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」と進みます▼

この画面にたどりつきます▼

ここで、アップロードボタンを押し、先程の「ads.txt」ファイルをアップロードします。ドメインの1つ下の階層にアップする必要があるので、フォルダーの中にアップしたりしないようにご注意を!

 

「ads.txt」ファイルがちゃんとアップされているか確認する方法

フォルダーの中に「ads.txt」がまずは表示されていれば、OK▼

最後に、URL+ads.txtをブラウザーで表示させた時に、内容が表示されるかをチェック!

Rickey’s Blogの場合、以下のURLをたたいてみます▼

https://rickey9.site/ads.txt

すると、以下のような表示がされます▼

ads.txtファイルに入力した内容が表示されていれば、OK!

これで完了です。

しばらく(〜1日以内)すると、Google AdSenseの警告表示は無くなります。

私はads.txtファイルをアップしてから2時間経過したところで、警告が消えました!

以上がロリポップのレンタルサーバーの場合のads.txtファイルをアップロードする方法になります。

ロリポップユーザーの方の参考になれば幸いです。

安全に運用して、広告収入が横取りされないようにしましょう!

ブログ
ライフハック
オススメのアプリ
情報が満載

ブログ関連の情報

ブログテーマ:

Snow Monkeyに関するブログ記事

オススメのプラグインについて

まとめています

ブログ運営の参考にどうぞ!

ライフハック、
オススメアプリ、
WEBサービス
関連情報

ライフハック情報

オススメのアプリ、

WEBサービスについて

まとめています

これで仕事もサクッと!




Rickey(リッキー)

もう1記事いかがですか?

最新のブログ記事はこちらから

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中