【ヒトコト英語】get a sense of 〜ってどのようなシーンで使えるの?

リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

get a sense of 〜って使えたらカッコいい?

 

先日、ネーティブの方とメールをしていた時に「get a sense of 〜」という表現が書かれていました。このget a sense of 〜ですが、学校で習う英語には入っていない表現です。例えば、Take care of  〜とかは誰もが知っている英熟語ですが、get a sense of 〜はそのような標準的に習う英熟語としては入っていません。

 

“get a sense of 〜”の意味

 

意味としては、「〜を感じ取る」とか、「感覚をつかむ」ということになります。ofの後に目的語が来ます。例えば▼

 

get a sense of crisis  (危機感を覚える)

get a sense of ease (安心感を覚える)

get a sense of excitement (興奮感を得る)

 

などになります。

“get a sense of   〜”の例文

 

例えば、このような感じで使うことができます▼

I would like to get a sense of where Project A stands right now.
(プロジェクトAが今どのような状況にあるのか掴みたい)
 
I got a sense of what LED big screen like. 
(LED大スクリーンがどのようなものであるか感覚を得た)
 
こんな感じで使えますので、日常の会話やメールで入れてみては如何でしょうか?
 
以上、「【ヒトコト英語】get a sense of 〜ってどのようなシーンで使えるの?」でした。




他にもこんなヒトコト英語があります!

 

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly
  • -
    コピー

この記事を書いた人

Rickey

ハワイで5万人集まるイベントを8年間、企画運営してた人🏄‍♂️ 英語は独学で話せるレベル💦ブログ更新1000回⤴️ Macとライフハックで『生産性3倍』になるスキルを発信するブロガー👨‍💻ライフハックに関するポッドキャストを12のプラットフォームに同時配信してます🎙