リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

あんまり本調子でもなく、そんなに最悪な調子、状況でもない、微妙に調子がよろしくない中間のあたりの状況を伝えたい時に、なんて英語で言えばいいのだろうか?

そんな時に便利な表現がありますので、1つシェアさせていただきます!

” under the weather” を使ってみよう!

先日アメリカへ1ヶ月行っていた時に、現地の方が ” under the weather” というフレーズを使っていました。

 

え、、、?「天気の下?」 What do you mean? って最初は思いましたが、文脈から「あまり本調子でない」とすぐに分かりました。

 

中華系の方は、「天気がどうしたの?」って言っている人もいましたが・・・

 

” under the weather” の日本語の意味はこのようになります▼

具合がよくない

気分が悪い

体調が優れない

実際に使うと、このようになります▼

 

例1:

I’m little under the weather today. 

(今日は少し気分が悪い)

 

 

例2:

He looked under the weather.

(彼は具合が悪そうだ)

 

“slightly” を付けて、「ちょっと調子が悪い」にしよう

slightlyの意味▼

<量、程度など> わずかに、 かすかに

<体格について> きゃしゃに、 ほっそりと

実際に使ってみると、次のようになります▼

 

例1:

His voice is slightly under the weather. 

(彼の声の調子があまり良くない)

 

例2:

Today, his running pace record is lower than average, he seemed slightly under the weather. 

(今日、彼のランニングのペースが平均以下なので、微妙に本調子でないと思われる)

 

以上、今回の「ヒトコト英語」は ” under the weather”についてシェアさせていただきました。

 

天気のコトではございません〜!

ぜひ、どこかのシーンで使ってみて下さい〜

 

 




他にもこんな「ヒトコト英語」があります!

 

 

 

Rickey(リッキー)

もう1記事いかがですか?

最新のブログ記事はこちらから

 

 

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中