リッキー

สวัสดี ครับ (サワディークラップ) Rickey(@rickey_blog) and Instagram (rickey_blog)です。

” if that’s the case”を使ってみよう

ネイティブと会話しているとたまに耳にするコトバ “if that’s the case”

これってどういう意味なのでしょうか?

日本語にすると「もしそうならば」「それならば」「そういう状況ならば」「だとしたら」という意味になります。

普通にサラッと流れてくるので、あれ、これどういう意味だったっけ?ってなりますが、そんなに難しい意味ではないです。

“case” を「場合」って覚えておきましょう。

よく消化器の英語表記には「非常の場合に〜」という意味で「In case of emergency〜」って書いてありますね。

なので、” if that’s the case”はそのまま訳すると「もし、その場合は〜」ってなって、それをスムースな日本語にしたら、「もしそうならば」っていう意味になります。

 

 

” if that’s the case”を使った例文

If that is the case, I shall wait

それなら待ちましょう。

I don’t mind even if that is the case.

それでも構いません。

If that’s the case, I’m in trouble.

そういうわけで私は困ってます。

メールや会話の中でサクッと使えるようになれたら、ネイティブっぽく話せますよ〜。

以上、「【ヒトコト英語】if that’s the case 〜ってどう使えばいいの?」でした。

Rickey

他にもこんな「ヒトコト英語」記事をアップしています

Rickey(リッキー)

もう1記事いかがですか?

最新のブログ記事はこちらから

 

リッキー

それでは、良い一日を!

Have a wonderful and fruitful day!

พบกันใหม่

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

Rickey

サービス業海外事業部所属11年目 英語、タイ語を使いながら
奮闘するグローバルパーソン🌐ブログでグローバルな世界で生きるために必要なエッセンスを凝縮して毎日発信中🉐ライフハック、語学術、有益なWebツールを紹介!Macユーザー歴12年、ラジオ好き➡stand.fmで音声毎日配信中💦イケハヤサロンとマナブログで勉強中